無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 2月19日(日) | Main | 2月21日(火) »

February 20, 2006

2月20日(月)

060220_16200001.jpg

 午後から新宿へ出て、買い物をし、銀座で。虎屋で桜餅を食べて一服した後、久しぶりの歌舞伎座。夜の部を鑑賞する。

 幸四郎の「石切梶原」は、いつものように何を言っているか聞き取りにくい。それに、どうもこれまで見た「石切」とは違う感じがした。一番違うのは、幸四郎もパンフレットのインタビューで答えているが、六郎太夫と娘の梢が主役に見えた点だろうか。最近、六郎太夫をつとめた歌六が重要な役で出ているが、なかなか演技がしっかりしていて、今回も見ごたえがあった。白太夫などいいのではないか。

 次はお目当ての玉三郎と菊之助の「二人道成寺」。二年前に見たときは、すぐにこの年一番と感じた。今回も、二人の美しさということでは、前回以上だろう。これだけ美しい歌舞伎は、今のところ、この二人のこの演目しか考えられない。ただ難しいと思うのは、今回が再演だからだろう。初演のときは、明らかに菊之助が玉三郎に翻弄され、ついていくのが精いっぱいというところがいくつもあり、また、それが意外に魅力になっていたのだが、今回の菊之助には、玉三郎に十分に伍していく力がすっかりついている。踊りもしっかりしているし、玉三郎に煽られるところもない。しっかりと自分の世界が出来ている。ただ、難しいというのは、菊之助に余裕が出た分、前回の異様な緊張感は薄れたという点。そこが歌舞伎に限らず、生物である演劇の難しさだろう。

 最後の「人情噺小判一両」ははじめて見た。菊五郎は悪くないが、宇野信夫の世界が、今という時代と大きくずれているのを感じる。この話のどこがいいのか、今の観客にはどうもわからない。もう宇野信夫は無理ではないか。そんな気もした。

« 2月19日(日) | Main | 2月21日(火) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

何か、島田さんに顔が似てるなあ、ひょっとして本当に島田さんかなあと思っておりましたが、やはり島田さんでしたか。

アーチャリー対和光大学裁判の判決の傍聴(原告は出廷せず)のついでに夜の歌舞伎座に私も行きました。

それは奇遇ですね。原告は出廷しなかったんですか。なるほど。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/8760657

Listed below are links to weblogs that reference 2月20日(月):

« 2月19日(日) | Main | 2月21日(火) »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30