無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 4月22日(土) | Main | 4月24日(月) »

April 23, 2006

4月23日(日)

 藤原正彦氏のベストセラー、『国家の品格』を読む。武士道についての記述が気になって読んでみた。藤原氏の本は今まで読んだことがない。

 ひとつ気になったのは、武士道の背景に「殴る文化」の存在があるのではないかということだ。彼に武士道精神を叩き込んだという父は、弱み者を救うには力を用いて良いと断言し、5つの禁じ手をあげていたという。大きいものが小さいものを殴ってはいけないとか、男が女を殴ってはいけないといった禁じ手だが、それは卑怯だからいけないことだと教えられたというのだ。

 多くの人がこの本の主張に共感するのは、あるいは殴る文化を共有しているからではないだろうか。私自身は、これまで一度も人を殴ったことはないし、逆に殴られたこともないので、どうもそうした文化を共有できない。果たしてそれが例外なのかどうかわからないが、殴るということをひとたび肯定すれば、それは結局のところ、暴力の肯定に結びつくのではないかとも思っている。果たして殴ることは正しいのか。殴らなければならないことは存在するのか。一度その点を考えてみる必要はないだろうか。最近、そう思っている。

« 4月22日(土) | Main | 4月24日(月) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/9727957

Listed below are links to weblogs that reference 4月23日(日):

« 4月22日(土) | Main | 4月24日(月) »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31