無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 12月30日(土)今年のベスト3 | Main | 1月5日(金)「寺子屋」を見て兄弟の難しさを感じる »

January 04, 2007

1月4日(木)正月早々梅枝の将来を考える

今日から仕事始め。とりあえず、本当は年末に書いた方がよかった『寺門興隆』の創価学会の連載を書く。これで38回目。4年前に突入したということだろうか。今回は、池田名誉会長が200番目の名誉学術称号を授与されたという話題にを中心に書く。いったいその意味はどこにあるのか。これは、他では書かれていない内容のものになった気がする。

今年は、喪中ということで、正月気分も盛り上がらなかったけれど、テレビで歌舞伎関連の番組をやっていたので、それをあらかた見ていった。海老蔵は松竹座に出ているので、見に行きたいところだけれど、「毛抜」と「勧進帳」の富樫ということなので、行くのは諦めることにした。海老蔵の富樫、弁慶ほどにはおもしろくない。テレビ中継で少し見たが、それほど大きくは変わっていなかった。「毛抜」は、なんといっても家の芸なので、近々東京でも見られるだろう。

全体に、すごいと思わせるような舞台中継はなかったけれど、役者として注目されるのは、時蔵の長男、梅枝ではないだろうか。この人、2年前、海老蔵の「十六夜清心」に出ていて、そのときから気になる役者になった。先月の「元禄忠臣蔵」でやった細川内記がとてもよかった。何より品のあるのがいいが、今月は、国立劇場の「梅春五十三駅」に出ている。それほどたいした役ではないし、菊五郎の化猫にいいようにされるところは吹き替えだろうが、台詞をしゃべっているとき、空気を支配できる力があるように思える。まだ本格的な役をやっていないので、正しい評価もできないが、ひょっとすると大器なのかもしれない。

ただ、そこで問題になるのは、立役か女形かという点だろう。時蔵を受け継げば、女形ということになるけれど、長男は女形には不向きだ。多くの女形は、長男ではなく、末っ子である。玉三郎や菊之助が典型だし、魁春もそう。芝雀も、「すし屋」でかわいく「お月様寝やさんした」が言えるのも、下だから。その点、長男である時蔵は、しっかり者はできても、かわいさを出せない。そうなると梅枝の場合も、あまり女形は勧められない。弟の萬太郎が女形をした方がきっといいだろう。でも、時蔵としては、梅枝に自分のやってきたものを継がせたいのかもしれない。そこが大問題だ。

« 12月30日(土)今年のベスト3 | Main | 1月5日(金)「寺子屋」を見て兄弟の難しさを感じる »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/13332756

Listed below are links to weblogs that reference 1月4日(木)正月早々梅枝の将来を考える:

« 12月30日(土)今年のベスト3 | Main | 1月5日(金)「寺子屋」を見て兄弟の難しさを感じる »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31