無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 1月7日(日)天候最悪 | Main | 1月9日(火)正しい診断にはデータが必要だということ »

January 09, 2007

1月8日(月)森美術館で日本の幸せを感じる

ライブラリーで仕事をする。祝日なので、ヒルズ自体は混んでいるが、ライブラリーの方はすいている。仕事がはかどるものの、途中、香水のきつい女性が入ってきて、これには困った。廊下にまで香りがする。しかたがないので、ワークスペースを借りる。こうした場合はどうしたものか。集中力がそがれることはなはだしい。

昼食は、ヒルサイド地下の「アン」でとる。この店ははじめて。海老天丼、小皿がいくつかついて1500円。店の雰囲気から考えると、悪くはない。そのあと、森美術館で開催中の「ビル・ヴィオラ: はつゆめ」展を見る。今日までなので、見ておくしかない。作品はビデオアート。高感度のハイビジョンで撮影したものが多く、その威力には感心する。おもしろかったのは、19人の人間が集まったところで、突然ものすごい放水が起こるという作品。水しぶきやそのなかで呆然と立ちつくし、倒れていく人々の姿は圧巻だった。

ただ、全体的に、作品の意図はわかるものの、被写体となった人物が貧しい気がした。昔の西洋の肖像画なら、そこに描かれたのは、栄耀栄華を極めた人物が多く、顔からドラマが伝わってきた。しかし、現代の普通の人間では、たとえそれが俳優でも、そうはいかない。最初に展示されているのは、男がこちらに歩いてきて、最後に火柱が上がって、人物が消えていくというものだが、歩いているところがつまらない。もしこれが、日本の歌舞伎役者であったら、あるいは能役者であったら、歩いているだけで見られるものになっていたことだろう。この技術を使って、歌舞伎や能の役者の映像を撮影してみたらどうか。考えてみると、そうした役者は、ほかの国には存在しない。そこに、日本の芸能の水準の高さがあり、日本人の幸福があるように思った。

« 1月7日(日)天候最悪 | Main | 1月9日(火)正しい診断にはデータが必要だということ »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/13399709

Listed below are links to weblogs that reference 1月8日(月)森美術館で日本の幸せを感じる:

« 1月7日(日)天候最悪 | Main | 1月9日(火)正しい診断にはデータが必要だということ »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31