無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 2月5日(月)携帯電話の使い方に情報化社会の限界を見る | Main | 2月7日(水)公明党研究会がおもしろかった »

February 06, 2007

2月6日(火)フォークナーの翻訳を読む

宝島社から出す本の原稿を書き始める。アウトラインを決め、5枚ほど書く。原稿は2種類書かなければならず、どりたも25枚ずつの予定だ。

岩波文庫創刊80年を記念して刊行されたフォークナーの『響きと怒り』を買って、読み始める。少し前に、この作品は原文で読んだが、構成が複雑で、しかも、文章になっていない文章が多くて、まるで意味がわからなかった。翻訳では、場面の急な転換がいつの物語なのか示されているので、わかりやすくなっている。これなら、『響きと怒り』で何が描かれているのかわかるはずだ。

« 2月5日(月)携帯電話の使い方に情報化社会の限界を見る | Main | 2月7日(水)公明党研究会がおもしろかった »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/13816341

Listed below are links to weblogs that reference 2月6日(火)フォークナーの翻訳を読む:

« 2月5日(月)携帯電話の使い方に情報化社会の限界を見る | Main | 2月7日(水)公明党研究会がおもしろかった »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30