無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 5月30日(水)前進座が「法然と親鸞」を上演するらしい | Main | 6月1日(金)大谷観音の写真ができた »

May 31, 2007

5月31日(木)キースとプーさんの演奏は実は現代音楽なのかもしれないということについて

5月も最後の日になった。やはり『日本宗教美術史』の原稿を書く。午後は、中央大学の授業。宿題を出したせいか、前回より出席者が多く、立っている学生もいた。共同体の角度から、戦後の新宗教の歴史を講義する。本当は3回続きだが、はしかで2回になり、1回分は6月28日にすることになった。あいだがあいて間が抜けた感じもあるが仕方がない。それにしても、はしかの方はもう大丈夫なのだろうか。

このところ、キース・ジャレットやプーさんの演奏を改めて聴いたりしているけれど、この二人、けっきょくのところジャズ・ピアニストなのだろうかという点が疑問になってきた。ジャズ風に演奏しているけれど、その奏法は、ジャズというよりクラシックに近い感じがする。実際、キースの場合には、クラシックの演奏家でもある。それは、ピアノという楽器のせいかもしれないけれど、二人の場合、過去のジャズのピアニストの影響をあまり受けていないのではないか。だから、下手をすると、ジャズから離れた音楽になってしまう。フリー・ジャズにしても、実は、ジャズから発したフリーと、クラシックから発したフリーとがあって、アルバート・アイラーとか、オーネット・コールマンとかは前者で、キースやプーさんの場合には後者なのではないだろうか。

ジャズという音楽は、黒人音楽を元にしているものの、まずユダヤ人の演奏家の影響がなければ、洗練されたものにならなかったし、クラシックの素養のあるピアニストたちがかかわらなければ、今日のようなものにはならなかったのではないか。キースもプーさんも、あるいは現代音楽と言った方がいいのかもしれない。だんだん、そんな気がしてきた。

« 5月30日(水)前進座が「法然と親鸞」を上演するらしい | Main | 6月1日(金)大谷観音の写真ができた »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/15269768

Listed below are links to weblogs that reference 5月31日(木)キースとプーさんの演奏は実は現代音楽なのかもしれないということについて:

« 5月30日(水)前進座が「法然と親鸞」を上演するらしい | Main | 6月1日(金)大谷観音の写真ができた »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30