無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 5月4日(金)壮大な試みなのか | Main | 5月6日(日)運慶作大威徳明王像と特攻観音 »

May 05, 2007

5月5日(土)オペラ座公演を見る

髪がだいぶ伸びたので、床屋に行く。床屋はゴールデンウィークも関係なく営業したとのこと。行楽地は好天でどこも人出があるようだが、こういうときは出かけないのが一番だろう。髪を切ってもらっている途中で、今日がこどもの日ということを思い出す。恒例になっているので、亀屋でちまきを買う。やはりうまい。

成田屋のオペラ座公演を見る。皆、役者は緊張気味で、台詞回しがおかしかったりする。初日ということで、緊張するのも仕方がないが、もう一つ、劇場の音響の違いもあるのではないか。音の響き方が歌舞伎座などとは全然違う感じがする。一事が万事、さまざまなところが違って大変なのだろう。

「勧進帳」、四天王が弁慶をほめるところが省略されていたようだ。舞台に花道がないので、いつもの感じとかなり違う。海老蔵の富樫は、これまでと少し違ってきているように思えた。團十郎の弁慶も、いつもより人間的に思えたのは、意図してのことだろうか。弁慶の飛び六法、途中で上の段にあがらなければならないというのは、勢いがうまくつかないようで、迫力に欠けていた。

「口上」では、亀治郎のフランス語のうまさが目立ったけれど、彼は小学校から大学までフランス語を一応勉強していたらしい。皆、つまったりするところが愛嬌があって、それがおもしろい。

「紅葉狩」の海老蔵、台詞回しがかなり変だ。彼でもこうした場は緊張が表に出てしまうのだろう。鬼女にかわってからの迫力は、去年以上だ。まさに人間業とは思えない。亀治郎の山神、意外とおもしろくなかった。これなら、右近とか連れて行けばよかったのにと思う。それにしても、義太夫に長唄、それに常磐津と、清元以外すべて連れて行ったのだから、これは本当に大変だと思う。カーテンコールの拍手。歌舞伎ではないものだけに新鮮な感じだ。

『中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズムについて』をさらに展開させていくために、「NA」というブログを新たに開設する。

« 5月4日(金)壮大な試みなのか | Main | 5月6日(日)運慶作大威徳明王像と特攻観音 »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/14965388

Listed below are links to weblogs that reference 5月5日(土)オペラ座公演を見る:

« 5月4日(金)壮大な試みなのか | Main | 5月6日(日)運慶作大威徳明王像と特攻観音 »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31