無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 5月10日(木)キース最高! | Main | 5月12日(土)キースが演奏した曲目について »

May 11, 2007

5月11日(金)ちょっと残念な團菊祭昼の部

團菊祭である。今日は昼の部に出かける。3階の一番前の席。隣三席は当日購入した人たち。案外、そういうときにいい席が出る。

結論から言うと、一番よかったのは、最初の「泥棒と若殿」。山本周五郎の作品で、いかにもそうしたムードのただよっている話で、昔の新歌舞伎とはかなり趣が違う。いいのは、松録。この人、徐々にではあるけれど確実に役者としてうまくなっている。特に今回は、喜劇がちゃんと出来るようになっていた。先々代に近づいてきた感じもするが、からっと明るい役が似合う。世話物の古典などやってみたらどうなるのか。笑い方だけは、ちょっと不自然だが、そこが直れば、かなりのものになりそう。

2番目は、天覧歌舞伎120年の「勧進帳」。團十郎、菊五郎、梅玉で手堅いが、緊張感がまるでない。皆、すごくやりたいわけではないけれど、こういう記念の年でもあるし、まあがんばってやるか、みたいなところでやっているように思えた。関をどうしても越えなければならないという切実感がない。ちょっと「勧進帳」としては悲しい。

次が、海老蔵、菊之助の「切られ与三」。このコンビでは、海老蔵襲名の松竹座で見た。正直なところ、それよりもよくない。菊之助の方は、ものすごく進歩しているように思えるが、海老蔵はなんだかばらばらで、与三郎の人格が統一されていない。仁左衛門だと、甘えキャラで押し通すのだが、海老蔵だとそうもいかない。おそらく、この演目の出し方が中途半端で、途中がはしょっている上に、最後も、与三郎が花道ではなく、脇にはけたまま終わってしまうので、まるでなんのことやらさっぱりわからない。こういう形になっていると、合理的に考える海老蔵は混乱してしまうのではないだろうか。その混乱が、人格の不統一にあらわれてしまうように思う。これなら、もうやらない方がいいように思った。

それに疲れたか、最後の「女伊達」は、睡魔に襲われた。

夜の部に期待しよう。

« 5月10日(木)キース最高! | Main | 5月12日(土)キースが演奏した曲目について »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/15035443

Listed below are links to weblogs that reference 5月11日(金)ちょっと残念な團菊祭昼の部:

« 5月10日(木)キース最高! | Main | 5月12日(土)キースが演奏した曲目について »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30