無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 5月26日(土)キースとプーさんがゲーリーを介して結びついている | Main | 5月28日(月)大臣の自殺にイニシエーションの重要性を改めて思う »

May 27, 2007

5月27日(日)円仁展と大谷磨崖仏を見に行く

芸術新聞社の渡辺さんの車に乗せてもらい、宇都宮の県立博物館へ行く。「慈覚大師円仁とその名宝」展を見に行く。円仁のことはそれほど重要視されていないが、この展覧会を見ていくと、相当に日本の仏教史のなかで重要な役割を果たしていることがわかった。ある意味、かなめの位置を占めているのかもしれない。円仁は10年中国に滞在し、密教、法華経信仰、阿弥陀信仰を伝え、広めた。そこには、渡来の神々もかかわっていて、のちの天台本覚思想の展開にも大きな影響を与えたのではないか。最澄が開祖のため、その陰に隠れている気配もあるが、もっと見直してみるとおもしろいのかもしれない。

その後、近くの大谷観音を見に行く。大谷石の産地だけに、町に入っただけで、雰囲気が違う。石の町という、日本では珍しい感じがするからだ。大谷観音は、石仏としてはかなり古い。全部で10体あるが、見応えがあった。その下は、縄文時代の遺跡で、縄文前期の人骨がほぼ完全なかたちで出土している。そうしたものとしては、日本最古と言えるのではないか。近くには、採石場があり、平和観音という戦後の石仏も立っているが、石を切り出したところが、まるで神殿のようなイメージを与える。ルクソールには行ったことがないが、あるいはそれに似ているのかもしれない。観光地としてはそれほど人が訪れるところではないのかもしれないが、巨岩の下の観音堂もなかなかおもしろい。土門拳が撮影した観音堂の写真が絵はがきになっているが、あいにく売り切れになっていた。

その後、鹿沼の温泉により、最後は今週二度目の魚真乃木坂店。日曜日は9時閉店だと言うが、閉店目前なのに寿司を握ってもらった。ますの握りというのがめずらしいし、大トロや赤身、太刀魚のあぶりなどが楽しめた。大変有意義な一日だった。

« 5月26日(土)キースとプーさんがゲーリーを介して結びついている | Main | 5月28日(月)大臣の自殺にイニシエーションの重要性を改めて思う »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/15224583

Listed below are links to weblogs that reference 5月27日(日)円仁展と大谷磨崖仏を見に行く:

« 5月26日(土)キースとプーさんがゲーリーを介して結びついている | Main | 5月28日(月)大臣の自殺にイニシエーションの重要性を改めて思う »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30