無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 6月13日(水)経堂ではまだ朝日新書が並んでいなかった | Main | 6月15日(金)日蓮封印論が現代では必要なのかもしれない »

June 14, 2007

6月14日(木)ジョシュア・レッドマンは案外凡庸なテナーに終わるかもしれない

慶應三田会を10枚強書く。日本宗教美術史の直しをしながら、石や岩に対する信仰について書かなければならないことに気づく。これは、禅宗の庭園にも結びついていくし、伏見稲荷大社の稲荷山の信仰にも結びついていくはずだ。

ジョシュア・レッドマンの新譜、『バック・イースト』を聴いてみた。そのなかに、コルトレーンの「インディア」が入っていて、ラジオでそれを聴いてよさそうだったので買ったものだ。ジョシュア・レッドマンのCDは、デビューした頃からけっこう集めているが、最近は買っていなかった。ピアノレスのトリオが中心で、そこに3人のテナーがゲストに加わるという形式をとっている。一番若いのは知らないが、あとはジョン・ロバーノと父親のデューイ・レッドマン。「インディア」で共演していたのは、この父親だった。

ジョシュア・レッドマンについての評価というのは案外難しい。テナーの技術は高いけれど、いつも何かが足らない。懸命に吹いていても、それが感動に結びつかないところがある。今回もそうだ。「インディア」にしても、よかったのは父親の方で、そこに差がある。とくに、オリジナルになると、まるでおもしろくない。おなじみの曲は聴けるが、オリジナルは楽しめない。今回のアルバムは、タイトルからもソニー・ロリンズを意識したものだが、ロリンズとは根本が違う。

なぜそうなるのか。考えてみると、彼には師匠がいないのではないか。若いミュージシャンで有能な人材は、ベテラン奏者のバンドに呼ばれ、そこで精進を重ねてから独立するというケースが多い。ジャズ・メッセンジャーズや、マイルスのバンドなどがそうした役割を果たしていて、ウイントン・マルサリスにしても、メッセンジャーズにいたことに大きな意味があったと思う。ところが、ジョシュア・レッドマンには、その経験がないように見える。いきなり自分のバンドでデビューし、そのまま活動している。

歌舞伎の型が意味があるように、師匠の型を学ぶことはジャズのミュージシャンに必要なステップではないか。どうやったらお客が楽しんでくれる演奏ができるのかを、その型を通して学ぶように思う。それを欠いていると、演奏が自己満足に終わってしまう。このままいくと、ジョシュア・レッドマンは、案外凡庸なテナーに終わってしまうかもしれない。

« 6月13日(水)経堂ではまだ朝日新書が並んでいなかった | Main | 6月15日(金)日蓮封印論が現代では必要なのかもしれない »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/15433396

Listed below are links to weblogs that reference 6月14日(木)ジョシュア・レッドマンは案外凡庸なテナーに終わるかもしれない:

« 6月13日(水)経堂ではまだ朝日新書が並んでいなかった | Main | 6月15日(金)日蓮封印論が現代では必要なのかもしれない »