無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 6月28日(木)塾員のための銀座のクラブへ行く | Main | 6月30日(土)どうして離党したのかけっきょくよくわからない »

June 29, 2007

6月29日(金)大学2年生の5、6月というのは相当に重要な時期かもしれない

昨日遅かったせいか、それとも久しぶりに大学の先生らしいことをしたせいか、今日は疲れ気味で、眠い。それで、仕事があまりはかどらなかった。それでも、三田会の方は10枚弱は進んだだろうか。宗教美術史は、2枚くらい。法隆寺の救世観音のことを書こうとすると、やはり梅原猛氏の聖徳太子論について言及しなければならない。昔この本を読んだとき、根拠の示し方が、あまりに非学問的で驚いた記憶がある。だからこそ、大胆なことが言えるのかもしれないが、救世観音の人間的な顔については、別の解釈をする必要がありそうだ。

『宗教学者が読む「坊っちゃん」』の企画、簡単な目次を送ったら、編集者からはそのまま進めてくださいという返事が来た。たしかに、その線で書けそうな気もするが、問題はいつ書くか。1週間にできる仕事の量は限界があるし、その限界はどうしても超えられないので、工夫が必要だろう。どこかで一気に書き下ろすというのが一番いいのだけれど・・・

今週、二つの大学で話を終えてから、個人的に話しかけてきた学生がいたが、どちらも2年生だった。考えてみると、2年生の5月から6月という時期は、とても大事な時期であるような気がする。私が宗教学のおもしろさにめざめたのも、そのときだし、四方田犬彦氏が、最近刊行した『先生とわたし』で述べているように、彼が由良君美という先生と出会うのも、やはり2年の時の5月だ。1年生が終わり、大学に慣れてくるなかで、いったい何を大学で学ぼうか、その方向性が決まるのがこの時期なのだろう。また、逆に言えば、この時期をうまくすごせるかで、大学生勝の価値が決まってくるのかもしれない。

« 6月28日(木)塾員のための銀座のクラブへ行く | Main | 6月30日(土)どうして離党したのかけっきょくよくわからない »

学問・資格」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/15595543

Listed below are links to weblogs that reference 6月29日(金)大学2年生の5、6月というのは相当に重要な時期かもしれない:

« 6月28日(木)塾員のための銀座のクラブへ行く | Main | 6月30日(土)どうして離党したのかけっきょくよくわからない »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31