無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 8月17日(金)新宿ジュンク堂で和辻の『孔子』を買った刹那、来年は『師』という本を書くべきかと直感する | Main | 8月19日(日)『サキソフォン・コロッサス』と『日本精神史研究』の斬新さを改めて思う »

August 18, 2007

8月18日(土)坂本九の坊っちゃん映画はあまりおもしろくなかった

暑さもようやく一段落。ただ、また明日からけっこう暑そうだ。

先日、曹洞宗関係の座談会に出たが、その原稿を直す。なんだか、言いたいことを勝手に言っているようで、申し訳ない気がした。

やはりヤフーオークションで手に入れた坂本九主演の『坊っちゃん』を見る。マドンナは加賀まりこ。三波伸介など、懐かしい人が出ている。封切りは1966年だから、今からもう40年も前だ。坂本九は25歳くらい。彼は、9番目の子供なので、坊っちゃんにはあっている。全体に、昔テレビではやった、学校の先生が主役の青春ものという感じが強い。原作の坊っちゃんとはまるで違う。映画のできとしては、どうだろうか。少なくとも、主人公が壁にぶつかって、それを突破してイニシエーションを果たすという形にはなっていない。ただ、明るい正義感が悪者をやっつける的なドラマで、もう少し、山を作って欲しかった気がする。ただ、これが一般の人がイメージする坊っちゃんなのだろう。まるで原作とは違うが。

大本教について書かなければならないので、図書館をまわって、資料を集める。

« 8月17日(金)新宿ジュンク堂で和辻の『孔子』を買った刹那、来年は『師』という本を書くべきかと直感する | Main | 8月19日(日)『サキソフォン・コロッサス』と『日本精神史研究』の斬新さを改めて思う »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/16160162

Listed below are links to weblogs that reference 8月18日(土)坂本九の坊っちゃん映画はあまりおもしろくなかった:

« 8月17日(金)新宿ジュンク堂で和辻の『孔子』を買った刹那、来年は『師』という本を書くべきかと直感する | Main | 8月19日(日)『サキソフォン・コロッサス』と『日本精神史研究』の斬新さを改めて思う »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30