無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 9月8日(土)自らに哲学はありやなしや | Main | 9月10日(月)28年前に出た『タオ自然学』が重版になった »

September 09, 2007

9月9日(日)10月19日に東大仏教青年会で師について講演することになった

有田芳生さんのブログで、『公明党vs.創価学会』を読んだ感想が述べられていた。彼にとっては、『現代公明党論』が処女作だというから、公明党に対する関心は強い。それが反映された感想だと思った。ちょうど、明日重版が出来るはずで、グッドタイミングな感想になったかもしれない。

梅ヶ丘図書館に自転車で出かける。世田谷区の図書館では、1館あたり5冊借りられることになっている。経堂図書館ではすでに5冊借りてしまっているので、梅ヶ丘に回して貰うことにした。杉並区では15冊借りられるので、こちらとしてはそうして欲しい。経堂図書館、駐輪場のコインがいらなくなった。これまでいちいちカウンターで頼まなければならなかったので、面倒だった。

10月19日金曜日の6時から、本郷三丁目近くの東京大学仏教青年会で講演をすることになった。最初、「師」というタイトルを申し出ていたが、これでは少しわかりにくいので、副題をつけ、「師―それはいかなる存在なのか」とした。仏教に関連すれば何でもいいと言われたが、この師という存在は、興味深い。自分が研究してきたものでも、オウムでも、創価学会でも、あるいは慶應三田会でも、師ということがひどく重要な意味をもっている。中沢新一論でも、そこが問題だし、四方田氏の『先生とわたし』もまた師について述べたものだ。

まだ、十分には考えていないが、師という存在をとくに重要視するのは、東洋的な伝統だろうか。もちろん、西洋でも、キリストやソクラテス、あるいはムハンマドも師であるには違いないが、少し違う気がする。神や真理というさらに上位の存在がいるせいだろうか。日本の仏教でも、親鸞と法然、そして「歎異抄」の問題やら、日蓮道元など、師ということがいつでもクローズアップされてくる。逆に、今読んでいるハリーポッターだと、魔法使いの話なので、師が出てきてもおかしくないが、師と呼べるほど個別な関係は重視されていないようにも思える。あれやこれや、いろいろと考えてみたい。

« 9月8日(土)自らに哲学はありやなしや | Main | 9月10日(月)28年前に出た『タオ自然学』が重版になった »

心と体」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/16395862

Listed below are links to weblogs that reference 9月9日(日)10月19日に東大仏教青年会で師について講演することになった:

« 9月8日(土)自らに哲学はありやなしや | Main | 9月10日(月)28年前に出た『タオ自然学』が重版になった »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30