無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 10月20日(土)「逆風満帆」の連載を読んで改めて自分がわかったようなわからなくなったような気がする | Main | 10月22日(月)秋の気配が濃くなるなかでプーさんと海老蔵が »

October 21, 2007

10月21日(日)壱太郎の「鏡獅子」にたいそう感心する

山川静夫華麗なる招待席の放送で、中村壱太郎の「鏡獅子」を見る。16歳での「鏡獅子」は最年少だという。たしかに、袱紗や扇の扱い方で稚拙なところもあったけれど、なるほど「鏡獅子」という踊りはこういうものだと思えるような優れたものだった。女形で年齢的にも若いということで、自然に小姓に見えるという利点もあるが、それだけではないだろう。「鏡獅子」がいったいどういう作品なのかを十分に理解した上で踊っている。

とくに感心したのが、獅子の頭を持つ前の部分。もうそこで、獅子の力が弥生に及んでいることがだんだん感じられてくるように踊っている。それによって、なぜ獅子の頭をもつのか、その獅子が生きているかのように動くのか、流れが納得できるものになっている。

学業と歌舞伎との両立を聞かれ、できるなら学校を辞めたいと言っていたのもいい。それでも大学への進学を考えているようだが、彼にはそれは余計な気がする。父や叔父のように、そのあいだ歌舞伎から離れるということは間違ってもないだろうが、20歳前後の役者としての輝きを是非もってもらいたいという点では、大学には行かないでもらいたいとも思う。野球の投手もそうだが、18歳の輝きというのは本当に貴重だ。壱太郎は、間違いなくこれからの歌舞伎を担っていく重要な役者の一人になるのだから、どうか専念して欲しい。

« 10月20日(土)「逆風満帆」の連載を読んで改めて自分がわかったようなわからなくなったような気がする | Main | 10月22日(月)秋の気配が濃くなるなかでプーさんと海老蔵が »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/16830873

Listed below are links to weblogs that reference 10月21日(日)壱太郎の「鏡獅子」にたいそう感心する:

« 10月20日(土)「逆風満帆」の連載を読んで改めて自分がわかったようなわからなくなったような気がする | Main | 10月22日(月)秋の気配が濃くなるなかでプーさんと海老蔵が »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30