無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 11月8日(木)顔見世に行って三之助の実力を改めて認識する | Main | 11月10日(日)宗教美術の何を見るかリストを作り始めた »

November 10, 2007

11月9日(金)大連立が迫っている状況のなかで公明党の存在意義は

『3つの属性』の原稿を書く。はじめに、20枚分がほぼできる。その後、これから見なければならない宗教美術について考えてみたが、ちゃんと表にでもしないと収拾がつかない感じだ。今年中に主要なものはまわれそうな気はしている。ただし、なかには秘仏やら、公開がめったになりものがあって、わざわざその日に出かけていかなければならないものもある。

午後は、日蓮宗西部の内部研修会で講演をする。テーマは、創価学会と公明党の現状と未来について。聴衆が日蓮宗の僧侶ばかりなので、教学についてもふれてみる。公明党については、大連立は必死と予言してみた。日本の状況全般を考えたとき、日本的な二大政党の枠組みのなかでは、どうしてもねじれ現象が生じてくることになり、大連立以外に政治を進めす手段はない気がする。そのときは、内閣と政党、与党も野党も、が対立する図式になっていくのではないか。そのような状況のなかで、公明党が存在意義を示すにはどうしたらいいのか。かなり難しい問題の気がする。

3時間の講演会のあとは、懇親会に出る。さらにその後、お茶を飲んだので、11時過ぎになり、雨も降っているのでタクシーで帰宅する。

« 11月8日(木)顔見世に行って三之助の実力を改めて認識する | Main | 11月10日(日)宗教美術の何を見るかリストを作り始めた »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/17030638

Listed below are links to weblogs that reference 11月9日(金)大連立が迫っている状況のなかで公明党の存在意義は:

« 11月8日(木)顔見世に行って三之助の実力を改めて認識する | Main | 11月10日(日)宗教美術の何を見るかリストを作り始めた »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31