無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 11月17日(土)オシム監督の治療法は私の場合と共通するのだろうか | Main | 11月19日(月)話は密教から浄土教へ進むことになる »

November 18, 2007

11月18日(日)初めて日展を見る

午前中からライブラリーへ。ワークスペースを借りて、『日本人の宗教史』再校ゲラを見る。こうした仕事は、缶詰状態でやらないと、途中でいやになってしまう。なんとか、最後まで見終わるが、終わったところで力が尽きる。

午後には、芸術新聞社の渡辺さんと今後の打ち合わせ。滋賀と京都に行こうと思うが、けっこう場所的に不便なところが多く、そうたくさんはまわれそうになり。ただ、秘仏の一年一度の開扉といったこともあり、その日しか仏さんを拝めないので、それにもあわせる必要がある。

打ち合わせが終わってから、新美術館での日展を見に行く。これまでこうした公募展を見たことはないが、やはり美術の現状を考えるには必要かもしれないと思い、寄ってみた。すいていたけれど、作品の多さにまず驚く。日本画から洋画、彫刻から工芸、そして書へとまわる。それにしても、大きな作品が多い。これは、大きさが決まっているのだろうか。

正直、見るべき作品はなかったけれど、まず、モデルにすべき人間の選び方を間違っている。現代の普通の人は、モデルたりえない。可能なのは、能楽師や音楽家などで、そうした人物を描いている物は、視野に入ってくる。普通の女の子や男の子を描いても、絵にはならない。彫刻も同じで、もっとすっくと立っているような存在を描くべきではないか。書の場合には、意味がわからずに書いているというところが、すぐにわかる。字面ではなく、それぞれのことばがどういった意味内容をもっているか、勉強する必要は無いのだろうか。

終わってから、ミッドタウンに出て、クリスマス用のイルミネーションを見る。発光ダイオードを使った青の光の絨毯はめずらしい。それから、魚真、虎屋という最近おなじみのコースをたどる。

« 11月17日(土)オシム監督の治療法は私の場合と共通するのだろうか | Main | 11月19日(月)話は密教から浄土教へ進むことになる »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/17112445

Listed below are links to weblogs that reference 11月18日(日)初めて日展を見る:

» ジャパン・アート・フェスティバルを知っていますか? [国際芸術見本市(ジャパン・アート・フェスティバル)始末記]
 ジャパン・アート・フェスティバルを知っていますか?   それは、1960年代半 [Read More]

« 11月17日(土)オシム監督の治療法は私の場合と共通するのだろうか | Main | 11月19日(月)話は密教から浄土教へ進むことになる »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31