無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 12月28日(金)本の売れ行きがすぐにわかる恐ろしい世の中になってきた | Main | 12月30日(日)年賀状を書き『日本の10大新宗教』の帯が変わっているのに気づく »

December 29, 2007

12月29日(土)来年の第1弾の見本が届き歌舞伎のベスト3を考える

来年刊行の第1弾となる『日本人の宗教とは何か―その歴史と未来への展望』の見本が届いた。刊行は太陽出版で、編者は山折哲雄先生。依頼されたときは、『日本人の宗教史』というタイトルで、私は近世・近代編を書いている。古代は鎌田東二氏、中世は大角修氏が書いている。日本の宗教史としてはコンパクトにまとまっていて、便利なのではないだろうか。まだ、他の著者の分を読んでいないが、山折先生も前と後ろに書いている。来年は何冊本を出すことになるかわからないが、まずはその最初ということで。

例年、今年の歌舞伎ベスト3を考えているが、今年は難しい。最大の原因は、海老蔵の舞台をあまり見ていないことにある。海外公演や地方公演が多く、それはどれも見ていない。『ドラクル』も見ていないし、5月の團菊祭と、12月の夜の部だけしか見ていない。

ほかにも見た限りで、とくに注目されるものがなかった。團菊祭の三津五郎の「三面子守」はよかったけれど、ほかにはあまりない。個々の役者でよかったものもあるが、決定打に欠ける。よって、今年はベスト3を選ばないことにする。来年はいい舞台が見たい。

« 12月28日(金)本の売れ行きがすぐにわかる恐ろしい世の中になってきた | Main | 12月30日(日)年賀状を書き『日本の10大新宗教』の帯が変わっているのに気づく »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/17515377

Listed below are links to weblogs that reference 12月29日(土)来年の第1弾の見本が届き歌舞伎のベスト3を考える:

« 12月28日(金)本の売れ行きがすぐにわかる恐ろしい世の中になってきた | Main | 12月30日(日)年賀状を書き『日本の10大新宗教』の帯が変わっているのに気づく »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31