無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 1月4日(金)今年はひたすら本を出すぞ | Main | 1月6日(日)データベースを作る楽しみからずいぶんと遠ざかっているかもしれない »

January 05, 2008

1月5日(土)井上ひさしの「ロマンス」を見る

最近、すっかり現代演劇を見なくなったけれど、WOWOWで井上ひさしの「ロマンス」という、アントン・チェーホフの生涯を題材にした芝居をやっていたので、それを見た。テレビ画面が大きく、ハイビジョンなので、臨場感をもって見られる。なかなかおもしろかった。昔の井上ひさしの作品とはかなり違う印象を受けた。昔はもっと喜劇をめざしていたのではないだろうか。役者では、やはり大竹しのぶがいい。松たか子は、歌舞伎役者が普通の演劇に出たり、テレビに出たときによく見られる大げさな印象が強い。力が入りすぎていて、彼女が演技をすると、そのすぐ後は、ほかの役者もつられて大げさになりがちだ。

音楽劇ということで、生のピアノの伴奏で歌が入るが、その意味があまりよくわからない。役者の歌というのは、歌手の歌とは違うし、音楽劇にする必然性がないように思えた。実際、後半になると歌があまり出てこない。

最後、チェーホフが、演出家のスタニスラフスキーに演出上の問題で厳しく批判するところは、作者の本心が出たようにも思えた。あるいはそこに、作者の老いのようなものが出ているのかもしれない。大江健三郎の小説が、激しい故郷批判に傾いていったのと似ている。これは、注意しないと誰もが陥る罠なのだろう。

« 1月4日(金)今年はひたすら本を出すぞ | Main | 1月6日(日)データベースを作る楽しみからずいぶんと遠ざかっているかもしれない »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/17589230

Listed below are links to weblogs that reference 1月5日(土)井上ひさしの「ロマンス」を見る:

« 1月4日(金)今年はひたすら本を出すぞ | Main | 1月6日(日)データベースを作る楽しみからずいぶんと遠ざかっているかもしれない »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31