無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 2月4日(月)歌舞伎町で雑誌の鼎談をし、研究会で小沢一郎について学ぶ | Main | 2月6日(水)社会学の市野川君が代表者であることになんだか納得できないものを感じる »

February 06, 2008

2月5日(水)夕方から深夜にかけていろいろとあった一日

「EX大衆」から頼まれた監修の原稿を直す。けっこう手を入れたので、かなり時間がかかる。こういう作業は意外と手間がかかるし、集中力がいる。そのあと、『三つの属性』の原稿を直し、『日本宗教美術史』の原稿を少し書く。

夕方外出。飯田橋の甘味処「紀の善」で、中公クラシックスの編集者と打ち合わせ。今、『世界の名著』や『日本の名著』の解説の関連するものを集めて本を出している。今度、聖書と大乗仏典とコーランについての解説を集めたものを出すので、そのさらに解説をかけとのこと。ほかの巻を見ても、立派な大家ばかりが並んでいる。40年前の出版だというから、私などまだ小学生のときだけれど、昔は大家がいたものだと改めて思う。今、そうした大家がいるかというと、皆小粒の感はまぬかれない。

夜は、その近くの鳥茶屋という店で、弁護士の国広さんを中心に電通の渡辺氏、牧野出版の佐久間氏と、松山坊っちゃん旅行組みが集まって、仕事の話しを兼ねた宴。某経済団体のていたらくを語る国広さんの話がおもしろかった。

さらに深夜、世田谷野沢のサイゼリアで、長井健司さんの本の打ち合わせ。帰宅は12時を過ぎる。長井さんが殺されたときの状況、相当詳細にわかってきた。それが本に盛り込まれると、全然違ったものになってくる。

« 2月4日(月)歌舞伎町で雑誌の鼎談をし、研究会で小沢一郎について学ぶ | Main | 2月6日(水)社会学の市野川君が代表者であることになんだか納得できないものを感じる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/40013876

Listed below are links to weblogs that reference 2月5日(水)夕方から深夜にかけていろいろとあった一日:

« 2月4日(月)歌舞伎町で雑誌の鼎談をし、研究会で小沢一郎について学ぶ | Main | 2月6日(水)社会学の市野川君が代表者であることになんだか納得できないものを感じる »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31