無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 3月17日(月)安全・安心のプロジェクトも最終シンポジウムを迎えた | Main | 3月19日(水)キース・タクシーが都内を走っている »

March 18, 2008

3月18日(火)チベットとミャンマーでの出来事に共通性はないだろうか

ハリーポッター、新しい章については映画を見てから書き始めている。3作目をまだ見ていないので、今日は手がつけられない。そこで、宗教美術史の方、第8章の南北朝から桃山時代までを最後まで書き、最初から見直して仕上げる。この章までで600枚を超えた。やはり800枚は超えることになりそうだ。次の第9章、江戸時代のところも何を書けばいいか、考えてみるが、さらに宗教美術という観点では難しい時代だ。

チベットの動向が気になるが、ことの顛末、いささか不可思議なことがある。なぜ、この時期に暴動が起こったのだろうか。暴動が起こったこと自体は事実だろうが、その原因がよくわからない。たしかに、チベットが中国によって支配されていて、それをチベットの人たちが望んでいないということはあるだろう。けれども、大規模な事件が起こるほど、とくに今情勢が悪化しているようには思えない。

それは、長井さんが亡くなったミャンマーの場合と似ている。軍事政権の支配が問題になってきたのは事実だが、昨年9月のケースも、なぜあの時点で死傷者が出るほどのデモが行われたのか、その直接の原因がわからない。そして、長井さんが亡くなったあとは、デモなどは続いていないようだ。あれはいったい何だったのか。事態があまりに突発的で唐突な点が気になる。それが、今回もチベットで繰り返されているように思える。

どちらのケースでも、僧侶が先頭に立っていたことも似ている。なぜ僧侶が運動の先頭に立つのか。それも、これまでにはないことのように思える。仏教信仰のあつい両国なので、僧侶が立ち上がる意味は、私たちが想像する以上に大きいとは思う。けれども、どちらも僧侶が先に動くというのも、不自然な気がする。政治的な抗議なら、政治的な運動をしている人間が立ち上がり、それに民衆が呼応し、その上で僧侶も参加するというのが、一般的な展開の仕方ではないだろうか。

軽率なことは言えないが、扇動している勢力が存在するのではないだろうか。そんな気がしてならない。

« 3月17日(月)安全・安心のプロジェクトも最終シンポジウムを迎えた | Main | 3月19日(水)キース・タクシーが都内を走っている »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/40550366

Listed below are links to weblogs that reference 3月18日(火)チベットとミャンマーでの出来事に共通性はないだろうか:

« 3月17日(月)安全・安心のプロジェクトも最終シンポジウムを迎えた | Main | 3月19日(水)キース・タクシーが都内を走っている »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31