無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 5月23日(金)海老蔵の知盛を見てキースのソロは2回目 | Main | 5月25日(日)ドバイは明らかにバブルだ »

May 24, 2008

5月24日(土)永徳の真作とされたものは本当にそうなのだろうか

ここのところかなり忙しいので、今日はさすがに休むことにする。天気もあまりよくない。それでも、夕方には『サイゾー』の取材を受ける。ここのところ、続いている。今回は、創価学会系メディアについてコメントをする。相手が4人も来て、少しびっくり。創価学会は実は巨大なブッククラブだという説を主張してみる。

狩野永徳の作品が発見されたということが話題になっている。これまで所在がわからなかったものらしい。実物を見ていないので、なんともいえないが、ただ、ちょっと真作としていいかには疑問がある。というのも、先日京都国立博物館で『狩野永徳展』を見たとき感じたことだが、永徳は、絵の中に登場する動物の視点が交わる書き方をする。それがどうも特徴で、永徳のものかどうかを判断する基準になるように思うのだが、今回のものは鳥の視線ははっきりと描かれているものの、視線が交わってはいないように思える。

その点では、有名な唐獅子と共通する。ということは、永徳の作品のなかに、視線が交わるものと、視線へ明確だが必ずしも絵の中では交わらないものの2種類があるということだろうか。それとも、永徳作とされているもののなかに実は2人の作者がいるということだろうか。専門家ではないので、即断はできないが、そうした観点を採用してもいいのではないか。

« 5月23日(金)海老蔵の知盛を見てキースのソロは2回目 | Main | 5月25日(日)ドバイは明らかにバブルだ »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/41305986

Listed below are links to weblogs that reference 5月24日(土)永徳の真作とされたものは本当にそうなのだろうか:

« 5月23日(金)海老蔵の知盛を見てキースのソロは2回目 | Main | 5月25日(日)ドバイは明らかにバブルだ »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30