無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 5月22日(木)『宗教研究』に書く論文のアウトラインを考える | Main | 5月24日(土)永徳の真作とされたものは本当にそうなのだろうか »

May 23, 2008

5月23日(金)海老蔵の知盛を見てキースのソロは2回目

2階席1列目、花道の上の席が出ていたので、歌舞伎座の昼の部に行く。海老蔵の知盛は初役だが、どうもこの知盛が苦手。それで行く決心がつかなかった。海老蔵、確かにかっこいいし、演技もしっかりしている。とくに血だらけの知盛は迫力があって、思わず舞台写真を買ってしまった。ただ、この演目があまり好きになれない点は変わらなかった。

そのほか、よかったものは、三津五郎の喜撰法師、踊り方がほかの人とは違う。人間ではなくなっているような。人形振りとは違うけれど、人間らしさが消えている。これは不思議。團十郎の長兵衛は、最初がすばらしい。藤十郎が長兵衛に着物を着せるところが、なかなかの見もの。それに、松也の三味線、死を覚悟したさびしい場面にはうってつけ。

その後、打ち合わせと取材をこなしてから、東京芸術劇場でキース・ジャレットのソロ・コンサートの二回目。今回は、3階の上のほうで席はあまりよくない。それにしても、劇場が広い。前回に比べて、演奏はいまいち。アンコールが3回だったところにそれがあらわれているかかもしれない。

キースの演奏、一回のコンサートやライブで、一曲とても盛り上がるものが出るかどうかで出来が分かれる。残念ながら、今日はそれがなかった。どう演奏するか、手探りをしながら、つぼをうまく探し当てられなかったような感じ。どうも、1回目のときと同じようなフォームの演奏が多かった。

« 5月22日(木)『宗教研究』に書く論文のアウトラインを考える | Main | 5月24日(土)永徳の真作とされたものは本当にそうなのだろうか »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/41297765

Listed below are links to weblogs that reference 5月23日(金)海老蔵の知盛を見てキースのソロは2回目:

« 5月22日(木)『宗教研究』に書く論文のアウトラインを考える | Main | 5月24日(土)永徳の真作とされたものは本当にそうなのだろうか »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30