無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 5月31日(土)パソコンの電源が入らなくなってさあ大変だ | Main | 6月2日(月)橋爪氏からまた仕事が回ってきたけれどご本人は »

June 01, 2008

6月1日(日)高松塚壁画と対面する

朝から芸術新聞社の渡辺さんと奈良方面へ。京都から近鉄線で、まず西の京へ。昼食をとったあと、唐招提寺へ。鑑真像が特別に公開されている。まだ、この像は見たことがない。そのことばかり考えていたので、気づいていなかったが、現在修理中の金堂の仏像が修理室で公開されていた。去年の秋に訪れたときには、そうはなっていなかった。金堂のほうも大分修理が進んでいる気配で、その姿を見せていた。

金堂の諸仏、どれも奈良時代のものだが、全体に大きいというか、太い。果たして技術的にどうなのかということもあるが、当時の仏像としてはその点が特徴ではないか。千手観音は小さな手がみなはずされていた。修理所なので、どれも全体がよくわかるようにおかれている。とても勉強になった。

鑑真像は、目の辺りがちょっとパンダのようで、写真で見るのとは違った。その点は少し意外。鑑真像がある御影堂は、東山魁夷の障壁画で飾られている。これもはじめて拝見した。東山魁夷晩年の仕事だ。

さらに、薬師寺にいき、両菩薩不在の金堂がどうなっているかをたしかめる。別の菩薩が祀られているかとも思ったが、なんと写真だった。薬師如来も光背がちゃんとあった。先日、光背のないのを見たのはとても貴重だったことになる。

そこから、飛鳥公園の方へ近鉄線で行く。受付をすませ、ガイダンスを受ける。文化庁の人の話では、白虎だか、発見当時はしっかりと線があったのに、今はなぜか消えかかっているという。その後、修理室を見学する。窓越しに、玄武、女人群像、男子群像を見る。みな、横に置かれているので、はっきりとは見えないが、かなり劣化が進んでいるのがわかった。それでも、全体の中では一番状態のいい三つが選ばれているようだ。

これからも公開される予定だというが、あるいは次の機会にはもっと劣化が進んでいる可能性もある。文化庁の失態とも言われるが、前例のないことだし、いたしかたないところもあるのではないか。そもそも、開かれることを前提にしていないものだけに、開かれた時点で、その生命を終えていたともいえる。なかなか難しい問題があるのを感じた。

« 5月31日(土)パソコンの電源が入らなくなってさあ大変だ | Main | 6月2日(月)橋爪氏からまた仕事が回ってきたけれどご本人は »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/41395503

Listed below are links to weblogs that reference 6月1日(日)高松塚壁画と対面する:

« 5月31日(土)パソコンの電源が入らなくなってさあ大変だ | Main | 6月2日(月)橋爪氏からまた仕事が回ってきたけれどご本人は »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30