無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 7月21日(月)レジデンスの食堂で教授と実りある議論をする | Main | 7月23日(水)八王子の事件のことを深く考え教え子を殺されたような憤りを感じた »

July 23, 2008

7月22日(火)叔父が亡くなり通り魔事件の現場を通る

朝方、ダスキンに頼んでいるトイレを浄化するもの、取り付け方が悪かったのか、すぐになくなってしまっていた。問い合わせて、来てもらったが、その人、ジャズに興味があるようで、キース・ジャレットのブルー・ノートでのライブ、6枚組みももっているとのこと。そんなんで話していたら、母親から電話があり、叔父が亡くなったと聞く。もう80歳をはるかに超えているので、天寿を全うしたと言えるが、晩年は少しぼけがはいっていたようだ。通夜が日曜で、葬儀が月曜ということになったが、日曜は松本での講演がある。これだと、その日に帰ってこなければならなくなりそうだ。

午前中は、家で仕事をする。『新宗教ビジネス』の第6章を書き上げ、それを編集者に送信する。昼食のあと、ライブラリーへ出かけるが、外はめちゃくちゃ暑い。気をつけながら歩く。ライブラリーでは、『日本宗教美術史』の第1稿を書き直す作業に入る。「はじめに」のところを大方直すが、この部分、かなり短くなりそうだ。

夕方、教え子の原さんが来て、少し話し、時間がないというので八王子まで送りがてら行く。JRで行き、帰りは京王線にしたが、駅に近づくと、警官がいて、人だかりがしている。そのときはなんだかわからなかったが、家に帰って調べると、通り魔だったという。いきなり書店に入ってきて、女性を刺し殺したと言うから恐ろしい。もう少し早く駅に着き、書店に行っていたらと思うと、恐ろしい。秋葉原の事件の余波が続いているということだろうか。

« 7月21日(月)レジデンスの食堂で教授と実りある議論をする | Main | 7月23日(水)八王子の事件のことを深く考え教え子を殺されたような憤りを感じた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/41943378

Listed below are links to weblogs that reference 7月22日(火)叔父が亡くなり通り魔事件の現場を通る:

« 7月21日(月)レジデンスの食堂で教授と実りある議論をする | Main | 7月23日(水)八王子の事件のことを深く考え教え子を殺されたような憤りを感じた »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30