無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 4月18日(土)花坊といううどん屋にはじめて行ってみた | Main | 4月20日(月)今度の新刊は超シンプルな装丁だ »

April 19, 2009

4月19日(日)最終日に世田谷美術館で「平泉展」を見る

世田谷美術館で「平泉展」をやっている。今日が最終日なので、やはり出かけてみることにする。世田谷美術館には交通機関を使うと、かなり不便なので、自転車で行く。通常、最終日だと、多くの人がつめかけて、列が出来ていたりもするが、まったくそういう雰囲気ではなかった。国宝が多数展示されているにもかかわらず、場所のせいだろうか、世田谷としては多いが、国博などと比べると、相当にすいていた。

一番の目玉は、金色堂西南壇の諸仏ということになるが、これは、去年のはじめ、まだ寒い時期に現地で見ている。ただし、現地では奥の方にあって、それぞれの仏像をよく見ることができないが、今回の展示では間近で見ることができた。ほかに、「中尊寺経」が高野山にあるものを含め、数多く展示されていた。金光明最勝王金字宝塔曼荼羅図なども興味深いが、一番興味を引かれたのは、中尊寺をはじめ、東北地方の寺院に祀られている素朴な仏像たちだった。

福島の勝常寺の二つの国宝は、世田谷では展示されていないが、岩手の天台寺のものなどは、円空仏かと思えるような素朴な味わいだ。岩手の成島毘沙門堂の伝吉祥天立像は、頭頂に象をいただいているという極めて珍しいものだ。図録でも、こうした例はないとされているが、私も見たことがない。決して、それぞれが洗練されたものではなく、技術的にもつたないが、かえってそれが東北での信仰の強さを示しているように思えた。意義のある展覧会だったのではないだろうか。

« 4月18日(土)花坊といううどん屋にはじめて行ってみた | Main | 4月20日(月)今度の新刊は超シンプルな装丁だ »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/44723212

Listed below are links to weblogs that reference 4月19日(日)最終日に世田谷美術館で「平泉展」を見る:

« 4月18日(土)花坊といううどん屋にはじめて行ってみた | Main | 4月20日(月)今度の新刊は超シンプルな装丁だ »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30