無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 4月19日(日)最終日に世田谷美術館で「平泉展」を見る | Main | 4月21日(火)朝日カルチャーセンターの講座は予約が入っているようでさらに7月にもと依頼を受ける »

April 21, 2009

4月20日(月)今度の新刊は超シンプルな装丁だ

新しい本が完成した。といっても、見本ができたということで、書店に並ぶのは25日くらいになりそう。タイトルは、『ぼくが宗教を読み解くための12のヒント』。出版元は亜紀書房。亜紀書房からは、前に『中沢新一批判』を出しているので、これで二冊目になる。最近は、『10大新宗教』のせいか、タイトルに数字の入ったものが多くなった。3、20、10ときて、今回ははじめての12。長編小説というより、連作小説という感じがする。

Sdim1361

編集者から、見本の一冊を渡されたびっくり。なにしろ、装丁がひどくシンプルだったからだ。白地に、字はほとんどが黒。宗教というところだけ、色が少し違うが、それも微妙な変化で、目立たない。これまでいろいろな本を出してきたけれど、こんなにシンプルで、しかもモノクロームなのははじめて。装丁をしてくれた人は、勝間和代さんの本の装丁を一手に手がけている人らしい。

今回の本は、「ぼく」がタイトルに使われているので、本文でもぼくを使った。そうすると、普段使っている文体だとそぐわないので、これまでとは違う文体を使ってみることにした。考えてみると、昔はこうした文体で書いていた気がする。もちろん、論文やかたいものはそういうわけにもいかないだろうけれど、この種の体験に基づいた学問論というか、宗教入門のような本には合っている気がした。

これで、今年は4冊目の本になる。一応、『月刊島田』の形が維持されているけれど、果たしてこれからはどうだろうか。ゲラになっているのが1冊、原稿を仕上げたのが1冊、大分できあがったのが1冊ある。5月になったら、また新しい本に取りかかることになるだろうけれど、何にするかまだ実は決めていない。たくさん企画はあるけれど、どういう順番でやるかを考えないといけないだろう。

« 4月19日(日)最終日に世田谷美術館で「平泉展」を見る | Main | 4月21日(火)朝日カルチャーセンターの講座は予約が入っているようでさらに7月にもと依頼を受ける »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/44739225

Listed below are links to weblogs that reference 4月20日(月)今度の新刊は超シンプルな装丁だ:

« 4月19日(日)最終日に世田谷美術館で「平泉展」を見る | Main | 4月21日(火)朝日カルチャーセンターの講座は予約が入っているようでさらに7月にもと依頼を受ける »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31