無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 4月29日(水)昭和の日に本の取材のため明治神宮を訪れる | Main | 5月1日(金)『新カトリック大事典』が完結したらしい »

May 01, 2009

4月30日(木)安丸良夫『出口なお』の解説を書いて「お筆先」のテキスト・クリティークの重要性を改めて感じる

洋泉社からMC新書というものが刊行されている。MCとは、モダン・クラシックの略で、現代における重要な著作物のなかで、品切れになっていたり、絶版になっていたりするものを、もう一度新書として蘇らせようという企画である。今回、安丸良夫氏の『出口なお』が、そのMC新書の一冊として刊行され、私が解説を書いている。

もちろん、安丸氏の『出口なお』はずいぶん前に目を通している。この本自体、1976年に刊行された後、87年には選書として再刊されている。その意味では、今回3度目の刊行ということになる。

昨年、大本を訪れたこともあり、その歴史や動向に関心を持っているが、解説を書くために改めて安丸氏の論考に目を通してみると、やはり一番気になるのは、「お筆先」の問題である。お筆先は、出口なおが自動書記の状態で記したものだが、一般に読まれているのは、出口王仁三郎が漢字に直し、内容もいじったものだ。その点では、オリジナルとは言えない。なおと王仁三郎では、思想が大きく異なり、そこには対立する部分も含まれている。

これは、武田崇元氏に電話して確かめたことだが、王仁三郎の側の見解では、お筆先のなかには、邪神がなおに降って書いたものもあるという。そうなると、いったい何を持って、正しいお筆先として良いのか。一般のテキスト・クリティークとは異なる問題が持ち上がってくる。それが、大本についての研究を難しくしている面は否定できないだろう。どこかで、本格的なお筆先についての検討が必要なことは言うまでもない。

« 4月29日(水)昭和の日に本の取材のため明治神宮を訪れる | Main | 5月1日(金)『新カトリック大事典』が完結したらしい »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/44852636

Listed below are links to weblogs that reference 4月30日(木)安丸良夫『出口なお』の解説を書いて「お筆先」のテキスト・クリティークの重要性を改めて感じる:

« 4月29日(水)昭和の日に本の取材のため明治神宮を訪れる | Main | 5月1日(金)『新カトリック大事典』が完結したらしい »

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28