無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 9月6日(日)高校の同窓生山嵜謙一君の冥福を祈る | Main | 9月8日(火)これからも金融資本主義が続き日本経済は中国の発展に依存する状態が続くのではないだろうか »

September 08, 2009

9月7日(月)9月11日には新宿のジュンク堂でトークイベントがある

朝、家で、宗教と経済の最後の章の構想を立てる。ネットの調子が悪く、断続的にしかつながらないので、サポートセンターに電話をする。モデムを交換してもらうことになったが、それに手間取り、ヒルズには10時半過ぎに到着する。

宗教と経済の原稿を20枚弱書き、『日本宗教美術史』の校正、これも最後の三章を読み終える。途中直す部分と、索引を確認する必要がある。あとがきも書かないといけない。

11日にジュンク堂の新宿店でトークイベントがある。9.11から8年。内容的にもそれと重なりそうだ。

「ロスジェネ世代と考える90年代」-オウムとは何だったのか-
早見慶子×島田裕巳×大澤信亮

■2009年9月11日(金)18:30~ ジュンク堂書店新宿店

ベルリンの壁だけでなく、ソビエトまでが崩壊した90年代。東西の冷戦構造がなくなったあと、アメリカは、湾岸戦争を境に仮想敵を「テロ」へと変えていった。そんな世界規模の大転換の時代、日本では何が起こっていたか?

バブル経済の崩壊。55年体制の終結に伴う政界の混乱。阪神大震災。そして、1995年3月の、あの「地下鉄サリン事件」──。

そう、ダライ・ラマとまで会見し、仏教を再生させようとしながら、「無差別テロ事件」を起こし崩壊していったオウム真理教も、この時代の象徴だ。その深い衝撃は今話題の村上春樹『1Q84』にも響いている。

今回は『カルト漂流記・オウム篇』を刊行した元過激派・早見慶子、オウムと真っ向から向き合ったアクチュアルな宗教学者・島田裕巳、話題の『ロスジェネ』 『フリーターズフリー』の編集を手がけるロスジェネ世代の批評家・大澤信亮が、オウムと現代における「信仰」ついて語り合う。

【講師紹介】

早見 慶子
元戦旗・共産主義者同盟メンバー。ソビエトの崩壊を機に、党を去る。1993年の春、キーレーンのコンサートを通じてオウム真理教と出会う。その後1995年の麻原彰晃逮捕まで交流。『I LOVE 過激派』を彩流社より出版。東京理科大学薬学部卒業。

島田 裕巳
東京大学在学中に『1Q84』の一つのモデルになっているヤマギシ会の運動に参加する。大学院修了後、日本女子大教授を経て、東京大学先端科学技術センター特任研究員などを歴任。現在同客員研究員。『オウム』『日本の10大新宗教』など著書多数。最新刊に『最新・新宗教事情』(勉誠出版)。

大澤 信亮
1976年生まれ。批評家。「フリーターズフリー」組合員、超左翼マガジン「ロスジェネ」編集委員。「宮澤賢治の暴力」で新潮新人賞評論部門受賞。主な著作に「柄谷行人論」(「新潮」)、「私小説的労働と組合」(「思想地図」)、「左翼のどこが間違っているのか?」(「ロスジェネ」)など。大妻女子大学短期大学部・恵泉女学園大学非常勤講師。

« 9月6日(日)高校の同窓生山嵜謙一君の冥福を祈る | Main | 9月8日(火)これからも金融資本主義が続き日本経済は中国の発展に依存する状態が続くのではないだろうか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/46152920

Listed below are links to weblogs that reference 9月7日(月)9月11日には新宿のジュンク堂でトークイベントがある:

« 9月6日(日)高校の同窓生山嵜謙一君の冥福を祈る | Main | 9月8日(火)これからも金融資本主義が続き日本経済は中国の発展に依存する状態が続くのではないだろうか »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30