無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 10月29日(木)今月は新しい本の企画を打ち合わせることが多かった | Main | 11月3日(火)キャメロン・ディアスのたわいのない映画を楽しむ »

November 02, 2009

10月30・31日(金土)大徳寺での観月の宴や正倉院展など

金曜日は京都へ。まず、「日蓮と法華の名宝展」を見るために京都国立博物館へ行く。それほど期待はしていなかったが、曼荼羅本尊など日蓮自筆のものが数多く出ていて、それで満足。渾身の筆とそうでないものがあるのがわかる。つづいて、青蓮院へ。青不動が開帳になる。めったにみられないものだし、青蓮院自体での開帳ははじめてのことらしい。これで「日本三大不動」をすべて拝見したことになる。力感あふれるという点では黄不動で、鮮やかさでは赤不動、神秘性では青不動だろうか。

Sdim2250

ホテルにチェックインしてから、大徳寺の塔頭徳善寺へ。観月の宴。桜月の宗家が出演することになっていて、客として呼ばれた。ちょうど13夜の月がきれいに出ていて、宴にふさわしい。仏事、横笛の藤舎名生らの演奏の後、桜月の宗家と松木が登場し、この日のために準備された新しい歌を披露する。そのあとは、祇園の芸子さんの舞。実際には初めて見たが、男の舞という印象が強かった。その後、宴会。

夜には、桜月の撮影ということでつきあう。場所を探して最初嵐山に行くがふさわしいところがなく、高雄へ。西明寺の近くの川原を見つけ、そこで撮影。最後、撮影が終わった後に、宗家が勝手に歌い出したものが一番よかった。これで彼女も何かをつかんだように思う。

Sdim2257

翌日は、起きてみると熱っぽい。昨日夜寒かったせいだろうか。六曜舎でモーニングセットを食べた後、バスで京都駅へ。迷ったが、そのまま奈良に行く。今、興福寺では仮円堂で阿修羅像などが展示されているが、それが大混雑、100分待ちとなっていた。体調がよくないときに炎天下では待てないので、それは行列を見るだけにしておいた。

奈良国立博物館で正倉院展。これで正倉院展は三回目。今回は、ご即位20周年ということで、舞楽関係のものを中心に展示されていた。とにかくすごい人なので、ゆっくりも見ていられない。これだけのものが1300年前に実際に使われたということは驚異。

その後早々に東京へ戻る。

« 10月29日(木)今月は新しい本の企画を打ち合わせることが多かった | Main | 11月3日(火)キャメロン・ディアスのたわいのない映画を楽しむ »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/46654281

Listed below are links to weblogs that reference 10月30・31日(金土)大徳寺での観月の宴や正倉院展など:

« 10月29日(木)今月は新しい本の企画を打ち合わせることが多かった | Main | 11月3日(火)キャメロン・ディアスのたわいのない映画を楽しむ »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31