無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 11月23日(月)娘の披露宴がつつがなく挙行される | Main | 11月25日(水)取材を三件まとめて受けたが内容が皆違った »

November 24, 2009

11月24日(火)関西弁をしゃべる親鸞の『歎異抄』を読む

朝家で仕事をする。書きかけの書類を仕上げ、いくつかの原稿にも手を入れて、それぞれを完成させる。あとは、昨日の疲れが出たのか、あまり仕事がはかどらないので、買い物に出かける。

いくつか取材が入っているが、ここのところ、それが絶えない。いろいろと領域を広げた結果だろう。

だんだんと冬の気配になってきて、今年ももうすぐ終わりかという雰囲気が漂っている。ここのところ、あまりそうした感覚をもたなかっただけに、今年はどうしてなのだろうか。

川村湊さんが訳している関西弁バージョンの『歎異抄』本文を読み終える。親鸞と唯円に関西版をしゃべらせるというのは、斬新なアイディアだが、二人の話しぶりがあまり変わらないので、親鸞の師としての個性が際だってこない。たしかに、親鸞は標準語などない時代だから、話し言葉は土地のものだったのだろうが、本当はどうだったのか、それを確かめたくなってくる。

« 11月23日(月)娘の披露宴がつつがなく挙行される | Main | 11月25日(水)取材を三件まとめて受けたが内容が皆違った »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/46850351

Listed below are links to weblogs that reference 11月24日(火)関西弁をしゃべる親鸞の『歎異抄』を読む:

« 11月23日(月)娘の披露宴がつつがなく挙行される | Main | 11月25日(水)取材を三件まとめて受けたが内容が皆違った »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30