無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 12月14日(月)今年も押し迫ってきたが来年はどうなるかいつものようにまるで予想がつかない | Main | 12月16日(水)明日は紀伊國屋書店大手町ビル店の館内放送に昼休みに出ることになった »

December 15, 2009

12月15日(火)「国宝土偶展」の初日に出かけ山折先生の新著をいただく

朝、鶯谷へ。国立博物館に行く。「国宝土偶展」の初日なので、出かける。国宝3点を含め主だった土偶が集まっている。相当にマニアックな展示で、来ている人たちも男性ばかりで、かなり特殊な感じがした。

宗教美術史を書くなかでも土偶については、どうそれを扱うかが難しかった。一堂に介した土偶をながめていると、穴があいているのが多いことに気づく。これは、紐を通すなり、木を通すなりしたものだろう。ならば、そこにはいっていの使い方があったことになる。謎は深まるが、仏像との連続性のようなものも感じられた。土偶もまた、背筋がまっすぐで、日本の仏像の特徴と合致する。

Sdim2546

博物館から東大へ。銀杏並木を見に行ったが、すでにほとんどが落葉していた。東大の銀杏は、ほかに比べて早く散るようだ。売店で、戦前の黒麹を使った泡盛のミニボトルを購入する。東大も新しい建物がいろいろたっているが、文学部だけは古くさいままだ。

そこからヒルズへ。東京書籍の編集者から山折先生の『悪と日本人』の見本をいただく。私とのオウムをめぐる対談も納められいる。それは『福神』に掲載されたものだ。

« 12月14日(月)今年も押し迫ってきたが来年はどうなるかいつものようにまるで予想がつかない | Main | 12月16日(水)明日は紀伊國屋書店大手町ビル店の館内放送に昼休みに出ることになった »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/47030455

Listed below are links to weblogs that reference 12月15日(火)「国宝土偶展」の初日に出かけ山折先生の新著をいただく:

« 12月14日(月)今年も押し迫ってきたが来年はどうなるかいつものようにまるで予想がつかない | Main | 12月16日(水)明日は紀伊國屋書店大手町ビル店の館内放送に昼休みに出ることになった »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31