無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 1月30日(土)『葬式は、要らない』はアマゾンで100位以内に入るが私立大学は相当に深刻な事態を迎えそうだ | Main | 2月2日(火)断続的に仕事をし最後は生命倫理の根本問題に行き着く »

February 01, 2010

2月1日(月)無縁社会という背景があるのか『葬式は、要らない』は早くも重版になった

昨日の夜、NHKのテレビドキュメンタリー『無縁社会』を見る。かなり話題になっているようだが、家族との縁もなくなり、孤独に亡くなっていく人たちのことが取り上げられていた。孤独死で、家族も発見されないという場合には、自治体によって葬儀が行われる。これは、『葬式は、要らない』でとりあげた、直葬のはじまりともいうべきものだ。一般の直葬では、葬儀をしても高齢で参列者がいないケースが少なくないだろう。どちらにしても、孤独に死んでいく、そういう時代になってきた。

無縁ということばは、一時、網野史学の流行で、積極的な意味を与えられていた。さまざまなしがらみから解放されることが無縁で、そこにはユートピア的な響きがあった。時代が変わると、その無縁も、孤独と結びつけられ、否定的な意味合いを帯びてくる。果たして無縁は、幸福なのか、不幸なのか。今はそれが問われている。

ここのところ、新聞各紙に広告が出た新刊の『葬式は、要らない』は、早々に重版になった。初刷よりも2刷の方が部数が多い。この出足自体は、『10大新宗教』よりも早い。いったいこれからどうなるのだろうか。

今日の仕事は、『世界の宗教が一気にわかる本』の第一章の最初の節を5枚ほど書く。一神教と対比されるべきものは、果たして多神教なのかがテーマ。一神教について解説していくための序論になる部分。それから、円仁の原稿を数枚書く。いよいよ円仁は唐に渡ることになる。

« 1月30日(土)『葬式は、要らない』はアマゾンで100位以内に入るが私立大学は相当に深刻な事態を迎えそうだ | Main | 2月2日(火)断続的に仕事をし最後は生命倫理の根本問題に行き着く »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/47451857

Listed below are links to weblogs that reference 2月1日(月)無縁社会という背景があるのか『葬式は、要らない』は早くも重版になった:

« 1月30日(土)『葬式は、要らない』はアマゾンで100位以内に入るが私立大学は相当に深刻な事態を迎えそうだ | Main | 2月2日(火)断続的に仕事をし最後は生命倫理の根本問題に行き着く »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30