無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 2月19日(金)20年ぶりに「フィールド・オブ・ドリームス」を見て松山先生の新著をいただく | Main | 2月22日(月)『葬式は、要らない』は紀伊國屋全店新書で1位 »

February 21, 2010

2月21日(日)富十郎の弁慶はやはり圧巻だった

土曜日は母親の誕生日なので実家へ行く。魚真で買った毛ガニをもっていく。まだ生きていたのをゆでたが、ゆでてあるのを買うよりはるかにうまかった。

書斎でコンピュータを通して音楽を聴くために、オンキヨーのUSBプロセッサーとパワードスピーカーを買う。いろいろ迷った末での選択で、全体で6万円を超えるくらい。格別いい音でというつもりはなく、BGM的に使おうと思うので、これで十分。スピーカーは本棚にとりあえず入れる。

日曜日は、録画していた矢車会での富十郎の「勧進帳」を見る。評判はかなり高いものだったが、それにたがわず、すばらしい。これまで見た弁慶は、様式的な方向を強く出そうとして、ある意味人間性が失われていたが、富十郎の弁慶は、出発点が人間的で、それが様式に昇華していく。朗々とというのとも違うが、富樫が「かくも尊き客僧を」と言わなければならなくなるのが、よくわかった。これをつくり山伏とはとても言えない。その場面、染五郎と後見をつとめた錦之助が自分の役所を忘れて見入ってしまっているようなのが印象的だった。この弁慶が、今後どう影響を与えるか、それは注目すべきことだ。

これも録画して見ていなかった「リターン・トゥー・フォーエバー」の再結成ライブを見る。会場はモントルーで、お客が皆かなり年配だというのが面白かった。達者の4人だけに言うことはない。

« 2月19日(金)20年ぶりに「フィールド・オブ・ドリームス」を見て松山先生の新著をいただく | Main | 2月22日(月)『葬式は、要らない』は紀伊國屋全店新書で1位 »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/47627862

Listed below are links to weblogs that reference 2月21日(日)富十郎の弁慶はやはり圧巻だった:

« 2月19日(金)20年ぶりに「フィールド・オブ・ドリームス」を見て松山先生の新著をいただく | Main | 2月22日(月)『葬式は、要らない』は紀伊國屋全店新書で1位 »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31