無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 3月5日(金)なぜか鍋を囲もうとすると暖かだったりする | Main | 3月8日(火)家に『葬式は、要らないを』買いに来た人がいてなぜかSD05をもう一台買うことになる »

March 07, 2010

3月6・7日(土日)富樫雅彦追悼の「マイ・ワンダフル・ライフ」に涙する

土曜日は、ヒルズへ行き、戒名についての原稿を16枚ほど書く。午後は、『宝島』の取材で、新宗教についていろいろなところを答える。

帰りがけ、新宿に行き、タワーレコードによる。武田和命の「ジェントル・ノーベンバー」、カーメン・マクレイの「グレート・アメリカン・ソングブック」、それに今回スイング・ジャーナルの日本ジャズディスク大賞を受賞した富樫雅彦のバラード・コレクション「マイ・ワンダフル・ライフ」を買う。

日曜日に、リッピングして、前日買った物を聞く。カーメン・マクレイのは、かなり前に吉祥寺のメグで入りたてのアヴァンギャルドで聞いて、うっとりしたもの。やはり文句のつけどころのないできだ。

富樫の作品集は、佐藤允彦が中心になって、渡辺貞夫、日野皓正、峰康介、それに山下洋輔が競演したもの。亡くなった富樫を偲んで作られたもの。富樫のバラード曲はどれもいいが、とくに、佐藤がひとりで演奏しているものが、気持が強く入っていて、涙なしには聞けない。二人はまさに盟友だったということが、改めて感じられた。

富樫が増上寺ホールなどでコンサートを開いていたころには、けっこう頻繁に通った。一度、ピットインでプーさんとゲイリー、それに富樫のグレイト3が演奏したとき、聞きに行き、そのときに一度だけ富樫本人と言葉を交わしたことがある。私のことは知っていて、「女子大の先生」と言われた。まだ、日本女子大につとめていた時期のことになる。奥さんのほうは、増上寺などによく通っていたことを覚えていてくれた。そんな思い出がある。ぜひ、多くの人に聞いてもらいたいアルバムだ。

« 3月5日(金)なぜか鍋を囲もうとすると暖かだったりする | Main | 3月8日(火)家に『葬式は、要らないを』買いに来た人がいてなぜかSD05をもう一台買うことになる »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/47750221

Listed below are links to weblogs that reference 3月6・7日(土日)富樫雅彦追悼の「マイ・ワンダフル・ライフ」に涙する:

« 3月5日(金)なぜか鍋を囲もうとすると暖かだったりする | Main | 3月8日(火)家に『葬式は、要らないを』買いに来た人がいてなぜかSD05をもう一台買うことになる »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31