無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 5月8・9日(土日)春の有度サロンのために静岡に行く | Main | 5月11日(火)新橋演舞場で海老蔵と染五郎の「寺子屋」を観て歌舞伎座の建物の特徴を知る »

May 10, 2010

5月10日(月)『無欲のすすめ』と『戒名は、自分で決める』という2冊の新書が同時に刊行された

本日、2冊の本が出版される。一つは、『無宗教こそ日本人の宗教である』の続編として『無欲のすすめ』。無宗教と同じく角川Oneテーマ21として出る。副題は、「無宗教な日本人の生き方」というもの。日本人の価値観を考える上で、「無」という要素は極めて重要な意味をもっているが、それをこの本では、「無欲」や「無所有」という観点から論じてみた。考えてみると、原型は今から30年前に書いた修士論文にある。それを、20年ほど前、放送教育開発センターで窓際族になっていたころに書きなおした。そこから進化してこの本ができたのだから、構想から30年、執筆にもそれだけの年月がかかっていることになる。

41r7v14il__sl500_aa300_


もう一冊は、『戒名は、自分で決める』。こちらも、『葬式は、要らない』の続編で、やはり幻冬舎新書として出た。どちらの本も、実は、10年前に出した『戒名無用』という本が下敷きになっている。ただ、当時と比べると、論点ははっきりしてきていると思う。とくに『葬式は、要らない』を出しての各界からの反応が影響している。

41es2lcms9l__ss500_


« 5月8・9日(土日)春の有度サロンのために静岡に行く | Main | 5月11日(火)新橋演舞場で海老蔵と染五郎の「寺子屋」を観て歌舞伎座の建物の特徴を知る »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/48325769

Listed below are links to weblogs that reference 5月10日(月)『無欲のすすめ』と『戒名は、自分で決める』という2冊の新書が同時に刊行された:

« 5月8・9日(土日)春の有度サロンのために静岡に行く | Main | 5月11日(火)新橋演舞場で海老蔵と染五郎の「寺子屋」を観て歌舞伎座の建物の特徴を知る »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31