無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 5月12日(水)初めて観る『男と女』は今見てもけっこう新鮮だった | Main | 5月14日(金)『婦人公論』のために「ひろみ対談」をする »

May 14, 2010

5月14日(木)民主党政権に68点をつけたらダントツで高評価になってしまったのには驚いた

いろいろ原稿の催促などもあるが、とりあえず新宗教と映画との関係についての論文を書く。資料を見ながら書いていかなければならないので、短いものだが時間がかかる。ようやく創価学会と映画との関係について書き終えた。あとは、幸福の科学と映画、そして、映画が新宗教をどう描いてきたかに話は進む。

昼から、演劇関係の打ち合わせ。詳細はまだ決まっていない。さらに、6月に放送される『エチカの鏡』のインタビュー収録を自宅で行う。かなり使う時間が長いので、大がかり。時間もかなりかかった。来週にはスタジオでの収録もある。

『戒名は、自分で決める』の広告が読売新聞に出たらしい。まだ、見ていないが、その影響で、文教堂のランキングに早々と入っていた。アマゾンでは、まだそれほどでもない。広告媒体で購読者がかなり異なるということだろう。

PHPで出している『Voice』の6月号「民主党の採点」でアンケートに答え、民主党政権を採点しているが、私の与えた点数が全体のなかでも一番高い。68点をつけたが、皆、相当に低い。マイナス点をつけている人もいる。こうなると、私だけ民主党政権を評価していることになってしまうが、決してそういうわけではなく、そもそも今の状況のなかで、政権に期待する期待度が低いせいではないか。それに、政権交代から1年も経っていない。今必要なのは、政治の枠組みの大幅な転換。それを果たすには時間も労力もかかる。その点では、この段階で評価を決めてしまうのはいかがなものなのだろうか。その思いが、68点になった。

« 5月12日(水)初めて観る『男と女』は今見てもけっこう新鮮だった | Main | 5月14日(金)『婦人公論』のために「ひろみ対談」をする »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/48354235

Listed below are links to weblogs that reference 5月14日(木)民主党政権に68点をつけたらダントツで高評価になってしまったのには驚いた:

« 5月12日(水)初めて観る『男と女』は今見てもけっこう新鮮だった | Main | 5月14日(金)『婦人公論』のために「ひろみ対談」をする »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31