無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 3月3日(木)墓をバックに写真を撮られニューヨーク風のベリーダンスを見る | Main | 3月7日(月)朝日の著者インタビューの反応も良く一気に一日で69枚を書く »

March 06, 2011

3月4・5日(金土)静岡の舞台芸術センタースプリング・シーズンの公演を見に出かける

金土は、静岡へ。静岡県芸術センターのスプリングシリーズの公演を見るため。2日がかりになった。初日は、マグリット・デュラスの「苦悩」。映画でもおなじみのドミニク・ブランさんのひとり芝居。デュラスの自伝的な小説をもとにしていて、前半はナチスに捉えられた恋人を待つ話。ここは、かなりありきたりだが、後半ファンタジックな要素が入ってきたところは、どう展開していくのか引き付けられた。あっと驚くような結末まで一気に。終わってからは、レセプション。この芝居を見ていて、自分の入院体験をひとり芝居にしようというアイディアがわく。タイトルは「インタビュー」。

Img_0651

静岡駅の近くのホテルに泊まり、夕方まで時間があったので、レンタサイクルで市内をまわる。電動アシストにははじめて乗った。調子に乗って使っていたら、途中で電源が少なくなってきて、そうなるとただの重い自転車になってしまう。新装なった登呂遺跡から、久能山へ。久能山では、前回登らなかった石段を登る。そこから、三保の松原をめざしたが、道もあまりよくなく、電池切れもあり、途中で断念する。なんとかグランドシップへたどり着く。


Sdim4440


Sdim4444


Img_0660

2日目の芝居は、オリヴィエ・ピィの「グリム童話」。再演のようだが、今回の初日のせいか、役者がかたい。照明のスイッチングのタイミングがずれているところが多く、これが芝居をかなり損なっている。物語は、「苦悩」と酷似していて、戦争と再生は共通する。だが、再生の部分が「苦悩」に比べて弱い。王が何らかの犠牲を払うところがないと、物語の構造が弱い。自転車で疲れたので、トークには出ずに、そのまま帰る。

一つ、金曜日の夕方にホテルにチェックインした時、エレベーターのところで、磯崎さんを見かけた気がした。声をかけようと思ったが、おそらく舞台芸術公園でも会えると思い、そのときは声をかけなかった。ところが、舞台芸術公園にはいらしていない。あれは幻だったのか。


« 3月3日(木)墓をバックに写真を撮られニューヨーク風のベリーダンスを見る | Main | 3月7日(月)朝日の著者インタビューの反応も良く一気に一日で69枚を書く »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/51045700

Listed below are links to weblogs that reference 3月4・5日(金土)静岡の舞台芸術センタースプリング・シーズンの公演を見に出かける:

« 3月3日(木)墓をバックに写真を撮られニューヨーク風のベリーダンスを見る | Main | 3月7日(月)朝日の著者インタビューの反応も良く一気に一日で69枚を書く »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31