無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 7月1日(金)「荒野の用心棒」と五代目野田岩のうなぎ | Main | 7月5日(火)寺久保エレナはバークレーに留学しない方がいいのではないだろうか »

July 05, 2011

6月4日(月)復活の海老蔵を見に行って壱太郎の天才ぶりに驚愕する

暑くなりそうなので、ヒルズへ行く。新宗教事典のまえがきになるものを書き、続けて『震災後の生き方』のあとがきを書く。あとがきの方は完成しなかった。明日だ。

Sdim4720

仕事を終えてから新橋演舞場へ行く。海老蔵復活ということで、久しぶりに成田屋を見る。最初の「対面」は、石段の場面をはじめてみたが、全体的にメリハリがない。

いよいよ海老蔵登場。「鏡獅子」。これまで、海老蔵の弥生にはあまり感心しなかったが、今回は、これまでと違い、しっかりと弥生になっている。9代目に比較すれば、まだまだだろうが、ようやく方向性が見えてきたような気がした。獅子も、あまり力を入れていないのがいい。観客からは、「きれい」の声も。

「鏡獅子」では、弥生にまるでセリフがないので、海老蔵の声は、次の「江戸の夕映」ではじめて聞く。この演目、祖父からのもので、見たような気がしていたが、実はこれまで見ていなかったことに気付く。したがって、團十郎の演出がどこが新しいのか比較できない。團十郎は演出に忙しく、自分の役についてはまだまだの感じ。海老蔵は、悪くはないが、すごくいいというわけでもない。

というか、驚いたのは、壱太郎。小六の許嫁、お登勢の役。最初は、声の出し方に少し難があるように感じたが、演技力がそれをはるかに上回る。お登勢そのもの。天才と言われてきたが、それを証明する形になった。床に置いた右手に観客の視線を集中させ、そこにお登勢の気持ちを表現した部分には凄みさえ感じた。その演技が、お登勢が登場していない場面にも影響していて、全体の空気を支配している。最後、夕映えのなかで、小六と再開し、じっと見つめあうシーンは、背中だけの演技。2000年に海老蔵をはじめてテレビで見て、驚いたのに匹敵する衝撃だった。いったいこれから壱太郎はどうなるのか。目が離せない。


« 7月1日(金)「荒野の用心棒」と五代目野田岩のうなぎ | Main | 7月5日(火)寺久保エレナはバークレーに留学しない方がいいのではないだろうか »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/52125633

Listed below are links to weblogs that reference 6月4日(月)復活の海老蔵を見に行って壱太郎の天才ぶりに驚愕する:

« 7月1日(金)「荒野の用心棒」と五代目野田岩のうなぎ | Main | 7月5日(火)寺久保エレナはバークレーに留学しない方がいいのではないだろうか »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30