無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 10月13日(木)国立劇場菊五郎劇団の「開幕驚奇復讐譚」は予想以上に見せてくれる | Main | 10月15・16日(土日)カルチャーセンターで講座をもったり「E.T.」を見たり阪急メンズへ行ったり »

October 14, 2011

10月14日(金)「キャリー」はどうかと思ったが根津美術館の「春日の風景」には大いに感動する

午前10時の映画祭は「キャリー」。これは見たことがなかった。ホラーということだが、宗教映画なのか、青春ものなのか、それともホラーなのか、的が絞れていない気がした。近くのアメリカ人の一行は、ずっと笑っているし、連れ合いは主人公の悲運に涙しているし、観客によっていろいろ楽しめるとも言えるので、その点では不思議な映画だ。若き日のトラボルタが出ていた。

ヒルズで仕事をして、仏教宗派の臨済宗の章を完成させる。あとは、曹洞宗と、おなじみの日蓮宗になる。融通念仏宗と時宗も何らかの形で扱わないといけない。最後だろうか。

Img_exhibition_kasuga


ヒルズからちいばすで、根津美術館へ。期待の「春日の風景」。根津美術館所蔵のものを中心に「春日宮曼荼羅」のオンパレード。最近、春日宮曼荼羅について調べていたこともあって、とても楽しめた。貴族が、春日社へ参詣する代わりに、京都の邸宅で拝んでいたというものだが、一体構図をどうするか、模索が続いたあとがたどれた。手前に、春日社と一体の関係にあった興福寺があり、その上に春日社が描かれ、さらには御蓋山が描かれるというのが基本的な構図だ。それでも、興福寺が手前にあるために、本地仏を手前に描くものもあったりして、そうなるとどうも落ち着きが悪い。やはり理想の構図というものがあり、それができると、掲げていてとても心が落ち着いたのではないだろうか。展示の仕方としては、最初に興福寺と春日社の関係を説明し、本地垂迹説にもふれたほうが親切。現在の展示の仕方だと、宮曼荼羅の意味が分かりにくい。おそらく、この展覧会に感動する人は少ないだろうが、とても素晴らしいものだということをわかってほしい気がする。

終わってから、前に行った表参道の中国茶の店による。この店、高いが、中国茶は何杯も飲める。根津に行った後には最適な雰囲気。紀伊国屋で買い物をして帰る。


« 10月13日(木)国立劇場菊五郎劇団の「開幕驚奇復讐譚」は予想以上に見せてくれる | Main | 10月15・16日(土日)カルチャーセンターで講座をもったり「E.T.」を見たり阪急メンズへ行ったり »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/52989763

Listed below are links to weblogs that reference 10月14日(金)「キャリー」はどうかと思ったが根津美術館の「春日の風景」には大いに感動する:

« 10月13日(木)国立劇場菊五郎劇団の「開幕驚奇復讐譚」は予想以上に見せてくれる | Main | 10月15・16日(土日)カルチャーセンターで講座をもったり「E.T.」を見たり阪急メンズへ行ったり »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31