無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 10月25日(火)なぜフリーズドライ葬が実現しないのかスウェーデン固有の宗教事情が邪魔しているらしい | Main | 10月27日(木)連載原稿2つを仕上げ新聞で読んだ「間が持てない」のコラムの記事から考える »

October 26, 2011

10月26日(水)「法然と親鸞 ゆかりの名宝」を見に行き展示ボードの字の間違いを指摘する

朝から、鶯谷へ向かう。国立博物館での「法然と親鸞 ゆかりの名宝」を見に行く。予想されたことだが、かなりすいている。しかも、観覧者はお年寄りが多い。若い人がいないのが特徴的。

先日、京都の方で、法然展も見たし、親鸞展も見ている。また、西本願寺展なども行っているので、それほど目新しいものはない。どちらの宗派でも、仏像がそれほど重要ではないので、その分地味になる。仏画も、祖師や高弟の肖像画なので、あまり面白いとは言えない。あとは、絵伝。これは、面白いところもあるが、芸術的な価値ということになるとそれほどでもない。全体にどういった方針で展示を組み立てるのかがわかりにくい。

何より、案内が不親切。しかもボードなどで誤字が多い。すでに訂正がなされているが、新たにそれを見つけた。恵信尼が恵心尼になっていたので、係の人に教える。それよりも、いったいなぜこうした展示物が出ているのか、聖徳太子関係のものなど、一般の人にはまるで分らないだろう。善光寺もそう。西本願寺所蔵の36人家集にしても、どうしてこれが展示されているか、図録の各作品の解説を見ないとわからない。ということは、観覧者のほとんどは、親鸞との関連性がわからないまま、見終わることになる。イヤホンガイドにはあるのだろうか。とにかく、案内が不親切で、国博にはいつもこれが目立つ。

法隆寺館に聖徳太子の絵伝が出ていたので、それを見て、それからヒルズへ。打ち合わせが2件あり、それだけで1時間半かかった。

« 10月25日(火)なぜフリーズドライ葬が実現しないのかスウェーデン固有の宗教事情が邪魔しているらしい | Main | 10月27日(木)連載原稿2つを仕上げ新聞で読んだ「間が持てない」のコラムの記事から考える »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/53090046

Listed below are links to weblogs that reference 10月26日(水)「法然と親鸞 ゆかりの名宝」を見に行き展示ボードの字の間違いを指摘する:

« 10月25日(火)なぜフリーズドライ葬が実現しないのかスウェーデン固有の宗教事情が邪魔しているらしい | Main | 10月27日(木)連載原稿2つを仕上げ新聞で読んだ「間が持てない」のコラムの記事から考える »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31