無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 12月9日(金)親鸞とLinn DSのアップグレードと格闘する | Main | 12月11日(日)劇団SCOTの公演を見て大森の新しいレストランのオープニングに行く »

December 11, 2011

12月10日(土)土曜日でもちゃんと仕事をし『個室』の本を思い起こしソーシャルメディア的な月見を体験する

土曜日だけれども、一日家で仕事。この2日間、ほとんど家から出ていない。魚真に魚を買いにいったくらい。

午前中は、日蓮の小説の直しをする。これで6目のまとまりができた。もう480枚を超えている。いったいどこまで行くのか。一応のめどは立ってきたような気もするが。800枚はいくのかもしれない。

午後は、親鸞の原稿を書く。第1章に入って、親鸞に対する知識人の高い評価を紹介し、それが『歎異抄』にもとづいていることを示していく章になる。今日10枚ほど書いて、25枚ほどになっている。もう少したさないといけない。

津田大介さんのメルマガに津田論を書いたので、ツイッターにいろいろ反応がある。けっこう納得したという感想が多いのでひとまず安心だが、さらにそれを踏まえて物を言う人が出てきてほしい。これはとても大切なところだと思う。私もそれを考えないといけないが、98年に書いた『個室』という本をこの文脈のなかで考え直す必要が出てきたように思う。あの本も、時代に先駆けた本だったのではないだろうか。

夜は皆既月蝕。月蝕自体は珍しいことではないが、今回は、ソーシャルメディア的に月を見た。ツイッターには、今月を見ている人たちの感想が載り、またユーストリームでは中継もされている。外は寒いので、中継で具合をたしかめ、頃合いを見て外に出て、実際の月を見る。月を愛でるという行為は、平安貴族が好んだものだで、ソーシャルメディアによる月見もその伝統の上にあるのかもしれない。

« 12月9日(金)親鸞とLinn DSのアップグレードと格闘する | Main | 12月11日(日)劇団SCOTの公演を見て大森の新しいレストランのオープニングに行く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/53454843

Listed below are links to weblogs that reference 12月10日(土)土曜日でもちゃんと仕事をし『個室』の本を思い起こしソーシャルメディア的な月見を体験する:

« 12月9日(金)親鸞とLinn DSのアップグレードと格闘する | Main | 12月11日(日)劇団SCOTの公演を見て大森の新しいレストランのオープニングに行く »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30