無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 1月4日(水)今年の仕事始めはひどく寒い日になった | Main | 1月6日(金)2月に出す本の校正をしつつトースターを買う »

January 06, 2012

1月5日(木)新春浅草歌舞伎を堪能するの一日

新年にはやはり歌舞伎。今年は新春浅草歌舞伎に行くことにした。ずいぶん前に一度行ってことがあるが、まだそのころはこれほど人気がなかった。幕の内ということもあって、かなりの盛況。

Asa

今回のお目当ては、昼の部では、最近贔屓にしている壱太郎。最初の「八犬伝」では浜路、次の「廓文章」では夕霧をやっている。昼の部では、亀治郎とともに一番目立つ。「八犬伝」は、原作はすべて読んでいるが、これまで歌舞伎では見たことがまったくなかった。テレビでもない。最近は、いろいろなところでやっているようだが、今回はその一部。壱太郎の浜路は、途中、書き口説くような場面があって、そこで一瞬、場内の空気をすべて支配してしまうようなところがあった。女形としての口跡が安定しているのがいいし、何より手の動きが繊細。あとは、亀治郎の蟇六がすごい。最後のだんまりも悪くなかった。若手がたくさんいて、それが楽しい。

「廓文章」の夕霧は大役。どうなるかと思ってみていると、これがなかなかの出来。小娘から傾城へと見事に変化している。大輪の花がつぼみをつけたという印象。もちろんこれからだろうが、存在感がある。愛之助の伊左衛門はがんばってはいるが、阿呆ぶりに抜けていない。まだまだ。驚いたのは、太鼓持ちの上村吉太郎。我當の部屋子だというが、まるで富十郎を小さくしたような感じ。こんな子役がいるとはびっくりだった。

夜の部は、演目が猿之助のものだけに、亀治郎のワンマンショー。実は、この「敵討天下茶屋聚」もまったく見たことがなかった。亀治郎の声は、まるで猿之助だが、役者としては以前の勘九郎に近い。ちょっと体の線が細いところで損をしている気もするが、観客を沸かせる能力は秀でている。どんな猿之助になるのか。かなり当代とは違ったものになりそうだ。

« 1月4日(水)今年の仕事始めはひどく寒い日になった | Main | 1月6日(金)2月に出す本の校正をしつつトースターを買う »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/53668021

Listed below are links to weblogs that reference 1月5日(木)新春浅草歌舞伎を堪能するの一日:

« 1月4日(水)今年の仕事始めはひどく寒い日になった | Main | 1月6日(金)2月に出す本の校正をしつつトースターを買う »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31