無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 2月9日(木)川原和久君が高麗屋と縁ができるということは海老蔵や松緑が親戚になることだと考えると驚くべきことかもしれない | Main | 2月11・12日(土日)日曜日には車座集会に出て保坂区長に対面する »

February 11, 2012

2月10日(金)池田信夫さんの読書塾で「超楽観論」を語る

『ほんとうの親鸞』の校正作業、ヒルズで3日目に入った。法然と親鸞の関係の章と、親鸞が流罪になったかを検証する章を直したが、けっきょく5時間くらいかかってしまった。書く作業は発散できるが、校正はそうはいかない。おかげでへとへと。後2章分残っている。

夕方は渋谷へ。池田信夫さんの読書塾にゲストに呼ばれている。池田さんとは、不思議と初対面。同い年だとは知らなかった。最新刊の『神も仏も大好きな日本人』を中心に、日本人と宗教との関係について話をする。そのあと、池田さんや塾生の質問に答えていったが、最後の方は、日本は大丈夫、心配無用という超楽観論になってしまう。普段はそうはならないらしい。

案外、今必要なのは、この超楽観論なのかもしれない。今の日本人は、ある意味余裕があるので先のことを考えてしまう。しかも、数字上で考えるので、現実とは遊離している。今がよければそれでいいというわけではないにしても、今をよくしないと先もよくならない。どうも発想が逆転してしまっているのかもしれない。超楽観論の本を作ろうかとも考える。

家では宴会をやっているらしいので、夜は久しぶりに季織亭へ行く。客がこないというが、これだけ寒いと客は来ないと慰めてみる。だいたい1000円のラーメンを食べられるというのは、社会的に言えば上のクラスだ。580円の手打ち(風)ラーメンを出したら、行列ができるだろうといった話になる。

秩父のウイスキーのイチローズモルトというのが入っていて、それをハイボールで飲むが、とても飲みやすい。このブランド、シングルモルトもあり、それはかなり高価らしい。ちょっと試してみたくなった。

« 2月9日(木)川原和久君が高麗屋と縁ができるということは海老蔵や松緑が親戚になることだと考えると驚くべきことかもしれない | Main | 2月11・12日(土日)日曜日には車座集会に出て保坂区長に対面する »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/53953909

Listed below are links to weblogs that reference 2月10日(金)池田信夫さんの読書塾で「超楽観論」を語る:

« 2月9日(木)川原和久君が高麗屋と縁ができるということは海老蔵や松緑が親戚になることだと考えると驚くべきことかもしれない | Main | 2月11・12日(土日)日曜日には車座集会に出て保坂区長に対面する »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30