無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 3月27日(火)『ほんとうの親鸞』の重版も決まりセゾングループの経営哲学について考える | Main | 3月29日(木)格別書くことのない日もある »

March 29, 2012

3月28日(水)久しぶりに国立能楽堂へ行くが「猿婿」の狂言は面白かったが「誓願寺」の能はいまいち

昨日夜が少し遅かったせいもあり、春休み状態で、起きるのが遅い。よって朝はろくに仕事にならなかった。こまごまとしたことをこなしただけ。

Sdim5547

昼前に家を出て千駄ヶ谷へ。国立能楽堂へ行く。ここのところ能を見ていなかったので、久しぶりに能を見ることにした。演目は、狂言が「樽婿」で、能が「誓願寺」。ともにはじめてみる。

「樽婿」は、能楽堂自体ではじめて上演されるもので、野村万作が復活させたようなものらしい。婿入りをめぐるどたばただが、けっこう話が面白い。これは、歌舞伎にしてもいけそうな気がした。暇があったら書いてみたい。

「誓願寺」の方は、一遍上人の前に和泉式部の霊があらわれるというもの。普通の能なら、式部の霊が恨みつらみを語るところだろうが、そうではなく浄土のありさまを語るという。珍しいと思ったが、全体に単調で、浄土のさまも舞台に再現されたとは言えない。やはり地獄は描けても、浄土や極楽を描くのは難しいということだろうか。

外に出てみたら、突風と雨。そのまま新宿へ。伊勢丹で、ベルトを直してもらったのを受け取り、今度アート・オブ・シェイビングが撤退してしまうので、買い置きをする。新しいものも決まっていないという。食料品売り場で夕食を買い、ビックカメラで子供に3DDSを買い、紀伊国屋で本の並び具合を確認する。

« 3月27日(火)『ほんとうの親鸞』の重版も決まりセゾングループの経営哲学について考える | Main | 3月29日(木)格別書くことのない日もある »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/54336687

Listed below are links to weblogs that reference 3月28日(水)久しぶりに国立能楽堂へ行くが「猿婿」の狂言は面白かったが「誓願寺」の能はいまいち:

« 3月27日(火)『ほんとうの親鸞』の重版も決まりセゾングループの経営哲学について考える | Main | 3月29日(木)格別書くことのない日もある »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31