無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 3月6日(火)斎藤明美被告からの謝罪の手紙と使われなかったテレビのインタビュー取材 | Main | 3月8日(木)これから出る『人は死ぬから幸福になれる』と『ほんとうの親鸞』は予約がはじまっている »

March 08, 2012

3月7日(水)平成中村座で勘九郎襲名披露興行を見る

午前中は家で仕事をする。日蓮の小説、8つ目のまとまりを直していくと、午前中いっぱいかかった。いよいよこの後、日蓮は佐渡に流される。クライマックスが近づいてきている。

午後は、浅草へ。平成中村座の夜の部を見るため。地下鉄に乗っていたら、上野で、日経新聞の河野さんとばったり。行先は同じ。

Sdim5492


Sdim5493

先月の勘九郎襲名にはいかなかったので、今回の襲名公演はこれがはじめてになる。やはり「口上」があるので、夜の部にした。最初は「吃又」。この前も三津五郎と時蔵で見た気がするが、仁左衛門と勘三郎は、恐怖の末っ子コンビで、甘え倒すところがすごい。とくに、女房が亭主の吃りを嘆くところ、勘三郎が難聴になっただけに真に迫っていた。今日はこれで十分というくらいの出来。

「口上」では、その勘三郎がよくしゃべった。体調もだいぶ回復してきているような感じで、何より。来月は「法界坊」もやる。驚いたのは、笹野高史まで列座していたこと。勘三郎が、「縁もゆかりもない」と言ったのは、昔批判を受けたことへの皮肉だろうか。とうの勘九郎はやはり真面目。

「御所五郎蔵」は襲名披露の演目。勘九郎の五郎蔵は、ちょっとまじめすぎて、面白味がない。土右衛門の海老蔵は、やはりニンではないのか、さえない。終わりのところでらしさが出たら、「後は所作事」ではしょられてしまった。逢州の七之助が出たところで、空気が変わったのは、やはりすごい。扇雀は、もっと裏表をはっきりさせた方がいい気がした。

最後は、若手の「元禄花見踊」。この成駒屋の若手は、みな、どこかちぐはぐで今後が心配。

« 3月6日(火)斎藤明美被告からの謝罪の手紙と使われなかったテレビのインタビュー取材 | Main | 3月8日(木)これから出る『人は死ぬから幸福になれる』と『ほんとうの親鸞』は予約がはじまっている »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/54168657

Listed below are links to weblogs that reference 3月7日(水)平成中村座で勘九郎襲名披露興行を見る:

« 3月6日(火)斎藤明美被告からの謝罪の手紙と使われなかったテレビのインタビュー取材 | Main | 3月8日(木)これから出る『人は死ぬから幸福になれる』と『ほんとうの親鸞』は予約がはじまっている »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31