無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 7月9日(月)新田次郎が諏訪清陵高校の出身だということを知り『オウム』の新装版などについて打ち合わせをする | Main | 7月11日(水)中車は予想外に健闘だがやはり海老蔵そして魚真銀座店 »

July 11, 2012

7月10日(火)『厄年の研究』が学研M文庫の一冊として刊行された

今日は一日家。中央公論の増刊号だかで、仏教の特集をすることになり、そのための原稿を書く。40枚と量がかなり多いので、それなりにしっかりした構成にしなければならない。日本では、仏教の伝統がしっかりと守られてきたが、いったいそれはどうしてなのか。そして、日本人は仏教をどのように受容したのか。それを考えることにした。とりあえず、22枚ほど書く。

学研のM文庫というのがあって、これまでは主に時代小説が出ていたが、そのなかに人文関係のものも出ることになり、私の『厄年の研究』も含まれている。これは、前に三五館から出した『「厄年」はある!』を文庫化したもの。中身にかんしては、時間が経って訂正しなければならない部分以外は変わっていない。

4059007714

厄年は、迷信の一種ともいえるが、やはり男の42歳、女の33歳の頃には何かが起こる。人生の節目に遭遇するわけで、それをどう乗り越えるか、あるいはやり過ごすかでその後が決まるのかもしれない。厄年を通過儀礼として考える本といったらいいだろうか。

とりあえず、今年6冊目の本になる。今月は、『小説日蓮』も刊行の予定なので、7月までで7件8冊刊行することになる。これで、毎月一冊のペースを上回る。


« 7月9日(月)新田次郎が諏訪清陵高校の出身だということを知り『オウム』の新装版などについて打ち合わせをする | Main | 7月11日(水)中車は予想外に健闘だがやはり海老蔵そして魚真銀座店 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/55169876

Listed below are links to weblogs that reference 7月10日(火)『厄年の研究』が学研M文庫の一冊として刊行された:

« 7月9日(月)新田次郎が諏訪清陵高校の出身だということを知り『オウム』の新装版などについて打ち合わせをする | Main | 7月11日(水)中車は予想外に健闘だがやはり海老蔵そして魚真銀座店 »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30