無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 8月16日(木)猛暑のなか父の7回忌法要を営む | Main | 8月18日(土)新宿の朝日カルチャーセンターでの講義と下北沢の阿波踊り »

August 18, 2012

8月17日(金)『日本企業の経営哲学』の本は松下幸之助を扱う第1章に入る

とにかく暑い。暑いけれども、ぼちぼち仕事をしていかなければならない季節になってきた。

『エコノミスト』から頼まれていた原稿、行数で言われたので、なんだか誤解して、指定の倍の量を書いてしまった。これでは、とても掲載してもらえないので、半分に刈り込んでいく。ちょっと残念だが、これは仕方がない。

『日本企業の経営哲学』の本、いよいよ第1章に入る。第1章では、現在のパナソニック、松下電器産業のことを扱う。松下には、松下幸之助というカリスマ的な経営者がいたので、まずはその話から、彼の人間観からはじめて、その経営哲学として著名な「水道哲学」のことに話を進めていく。そこまでで18枚になった。

水道哲学を形成するにあたって、天理教の姿を目の当たりにしたことが大きいことは有名な話だが、幸之助と新宗教との関係は、さまざまに深い。次には、創価学会の池田大作氏との関係について述べていくことになるが、貧困からの脱却を経営理念に掲げたところで、新宗教の目指すところと合致したのかもしれない。幸之助は、自分よりもはるかに若い池田氏のことを尊敬していた。ここも興味深いところで、宗教活動と経営との密接な関係についても論じなければならない。

« 8月16日(木)猛暑のなか父の7回忌法要を営む | Main | 8月18日(土)新宿の朝日カルチャーセンターでの講義と下北沢の阿波踊り »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/55449134

Listed below are links to weblogs that reference 8月17日(金)『日本企業の経営哲学』の本は松下幸之助を扱う第1章に入る:

« 8月16日(木)猛暑のなか父の7回忌法要を営む | Main | 8月18日(土)新宿の朝日カルチャーセンターでの講義と下北沢の阿波踊り »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31