無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 8月20日(月)ネットワークの問題が一挙に解決し夜は賀茂鶴の大吟醸を飲む | Main | 8月22・23日(水木)広島へ講演に行きついでに広島球場で横浜との試合を観戦する »

August 22, 2012

8月21日(火)バカンスで読んでいたプルーストの『失われた時を求めて』の第4巻をようやく読み終える

一日家で仕事。『日本企業の経営哲学』の第1章、松下電器の章を書き上げることに専念する。原稿を最後まで書いて、最初から見直していく。50枚にはならなかったが、それくらいの量にはなった。珍しく小見出しもつけて、グーグル・ドキュメントに載せる。最後の部分で、続いてダイエーのことを取り上げるのを予告するものになった。

タイのプーケットで読んでいたプルーストの『失われた時を求めて』の第4巻をようやくさいごまで読み終える。こちらもバカンスの時の話で、休みの時に読むには最適。去年も伊豆に行った時に、プールサイドで読んでいた。この第4巻、格別多きな事件は起こらないのだが、これまでの巻に比べると、プルーストの書き方がかなり難しく、翻訳者が苦労していることがわかる。なかには、字面を見るだけでは、ちゃんと翻訳されているようで、でも、読んでみると、意味がはっきりとはしないところもあった。これは、フランス語の原文に当たらないと、わからないだろう。ただ、それはちょっと大変だ。

プルーストは、個人の心的な体験を徹底して細かく描き出し、日常の生活のなかで遭遇するさまざまな出来事にかんして、私たちがどういうことを感じていくかを、考えられないほど詳細に論じている。とくに、この巻は、その印象が強く、書き手として彼がここで一歩先に進んだことを思わせる。あるいは、存在しない絵画についての描写なども、これは今まで読んだことのない書き方で、それがどういう絵なのか想像はしてみるものの、わかったようでわからない書き方になっている。そういう意味では、一冊読むのに時間がかかるし、日常の生活が続いているあいだに読むのは難しい。こころの余裕が必要な本で、ひとことひとことを味わって読んでいかないと意味がない。次の巻がいつ出るかわからないが、またバカンスで読むことになりそうだ。あるいは、この本を読むためにバカンスをとる必要が出てくる。

« 8月20日(月)ネットワークの問題が一挙に解決し夜は賀茂鶴の大吟醸を飲む | Main | 8月22・23日(水木)広島へ講演に行きついでに広島球場で横浜との試合を観戦する »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/55481139

Listed below are links to weblogs that reference 8月21日(火)バカンスで読んでいたプルーストの『失われた時を求めて』の第4巻をようやく読み終える:

« 8月20日(月)ネットワークの問題が一挙に解決し夜は賀茂鶴の大吟醸を飲む | Main | 8月22・23日(水木)広島へ講演に行きついでに広島球場で横浜との試合を観戦する »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31