無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 1月11日(金)来週からは名古屋の朝日カルチャーセンターでも宗教と経済をめぐる講座がはじまる | Main | 1月20・21日(月火)東京には雪が降るが連休なのに全部仕事明日からは出張 »

January 13, 2013

1月12日(土)国立能楽堂で「一角仙人」を見て一噌幸弘氏の笛を聞く

午前中は、家で、来週火曜日からはじまる朝日カルチャーセンター名古屋教室の講座のレジュメを作る。テーマは、宗教から見た経済ということになるが、どういう切り口で話をするのか、そこが難しい。考えてみると、そういう話を公にしたことがない。新たな試みだ。

Sdim6702


昼前に家を出て、千駄ヶ谷へ。国立能楽堂へ行く。千駄ヶ谷の駅は混んでいたが、どうやら国立競技場でサッカーの試合があるらしい。能楽堂の近くで昼食をとる。最初は、林望さんの解説。林さん、謡曲をやっているとのことで、着物姿。「一角仙人」についての解説をするが、「太平記」に書かれているという、ちょっとエッチな話に力を入れていた。

最初は狂言で「文相撲」。昔の相撲というのがどういうものかわからないが、今とはかなり違うのだろう。休憩をはさんで「一角仙人」。これが、歌舞伎になると「鳴神」になるわけだが、大枠は似ていても、中身はかなり違う。シテは浅見真州氏だが、そんなにお年ではないのに、足元がおぼつかない。最後に、子方の竜神がいさましく、きっぱりとしていてそれがよかった。

実は、妻が笛の一噌幸弘氏のファンになり、それで見に行ったところも大なのだが、舞台の上にはいろいろと立ち並んで、笛の奏者の姿がよく見えなかったようだ。演奏は、少しほかの笛の奏者と違う感じもした。

終わってから、歩いて新宿へ出て、デジカメの修理などを依頼して帰る。


« 1月11日(金)来週からは名古屋の朝日カルチャーセンターでも宗教と経済をめぐる講座がはじまる | Main | 1月20・21日(月火)東京には雪が降るが連休なのに全部仕事明日からは出張 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。一角仙人のときのおシテは浅見師ではありません。師はくツレの旋陀夫人を格調高く魅惑的に?舞った方です。。細かい指摘ですみません。当日見てない方に誤解されてはお気の毒と思いまして。ファンなのです。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/56529483

Listed below are links to weblogs that reference 1月12日(土)国立能楽堂で「一角仙人」を見て一噌幸弘氏の笛を聞く:

« 1月11日(金)来週からは名古屋の朝日カルチャーセンターでも宗教と経済をめぐる講座がはじまる | Main | 1月20・21日(月火)東京には雪が降るが連休なのに全部仕事明日からは出張 »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31