無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 4月1日(月)一日祇園信仰と格闘する | Main | 4月3日(水)事務所で打ち合わせをして編集者の引継ぎで生まれ順の取材で本ためにしゃべる »

April 02, 2013

4月2日(火)歌舞伎座開場の初日に行く

午前中は家で仕事。祇園信仰のつめ。一応最後まで書き上げる。考えてみると、河内のだんじりも祇園祭の影響を受けている。祭りを媒介にして、信仰が広まるというのが、祇園信仰の一番の特徴かもしれない。

Dsc00358

午後は、東銀座へ。いよいよ歌舞伎座がオープンする。初日、第1部のチケットは確保できなかったが、第2部の席を確保できた。駅からあがると、すぐに広場になっていて、チケット売り場と土産物売り場がある。とにかく、エスカレーターがあるのがありがたい。それをあがって、歌舞伎座へ。かなりスケジュールがタイトなので、まだ開場していなかった。少し待って中へ。中は前と同じようで、微妙に違う。席はたしかに広くなっている。いきなり、三重大の田中さんに声をかけられる。「お祭り」では号泣したとのこと。第1部は明後日に見る。

演目は、「弁天小僧」と「将門」。全体に役者がかたいし、見る方も、新しい劇場に慣れていなくて、なんとなくよそよそしくもある。ただ、いっそうのこと、弁天小僧は菊之助にやってほしかった。菊五郎は、立ち回りになると、ちょっと足元がおぼつかない。年齢を考えると無理からぬことか。鳶頭の幸四郎と倅の菊之助はさすが。ほかにも、いつもはたいしたことのない役に、名のある役者が出ていて、いつもと違う。


Dsc00359

「将門」は、玉三郎の久しぶりの歌舞伎。なんとなく、しばらく歌舞伎から遠ざかっていたという感じで、引き抜きを含め、ちょっともたもたしている。松緑は意外にしっかり。本人はどうかはわからないが、かなり落ちついている。途中、休憩時間に早野さんとも遭遇。明日だか、ジュネーブに行き、週末に舞い戻って1部を見るという。まことにお忙しい。


« 4月1日(月)一日祇園信仰と格闘する | Main | 4月3日(水)事務所で打ち合わせをして編集者の引継ぎで生まれ順の取材で本ためにしゃべる »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/57091775

Listed below are links to weblogs that reference 4月2日(火)歌舞伎座開場の初日に行く:

« 4月1日(月)一日祇園信仰と格闘する | Main | 4月3日(水)事務所で打ち合わせをして編集者の引継ぎで生まれ順の取材で本ためにしゃべる »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31